2017年10月13日

在籍人数

 我々が運営する札幌ホーネッツは現在、在籍人数が多く、その面では順調といえるでしょう。女子のホーネッツ・レディースは現在12名。進学等でチームを離れる予定の選手もいるため、来季はギリギリの人数での活動になりそうです。在籍人数が多すぎても困りますが、少なすぎるのはもっと困ります。女子の競技人口は北海道でも増えていますし、学校やクラブチームで野球経験があり、現在は競技をしていない休眠中の女子選手がいることでしょう。そういう人には是非一緒に活動してほしいですね。





posted by GM at 03:56| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

侍ジャパン女子日本代表

 2018年女子野球ワールドカップに向けて、侍ジャパン女子日本代表の合同トライアウトが行われます。トライアウトに関する情報はhttps://www.wbfj.website/で入手できます。
 代表チームの監督やスタッフが一新され、新体制下で代表メンバーも大きく変わることが予想されます。競技人口が増加し、実力を秘めた若い選手の台頭もあり、どのようなメンバーになるのか注目が集まるところです。一般社団法人全日本女子野球連盟に登録している選手以外にも広く門戸を開放しているので、「我こそは」と思う選手はトライしてみてはいかがでしょうか。女子野球はまだまだ未開の世界。ポテンシャルを秘めた女子アスリートの出現が期待されます。



posted by GM at 08:04| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

女子クラブ選手権全結果

 千葉県市原市・袖ヶ浦市で行われた女子硬式クラブ野球選手権大会の全結果をお知らせします。来年はホーネッツとして上位進出を狙いたいですね。

club2017.jpg


posted by GM at 07:54| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

関東・環境

 昨日お伝えしたように、女子野球のクラブ選手権は埼玉のZENKO BEAMSが優勝しました。準決勝に残ったチームはすべて東京と埼玉の関東勢。中学生世代の女子クラブチームや高校、大学の女子野球部がたくさんあり、シーズン中は毎週のようにリーグ戦で実戦経験を積める環境が強いチームをつくるのでしょう。
 北海道も札幌新陽高校に女子硬式野球部ができ、少しは前進しましたが、複数のクラブチーム、もういくつかの高校女子野球部、現在は道内皆無の大学女子野球部、中学生世代のクラブなど、より普及と強化につながる環境づくりが必要です。少しずつでも前進し続けたいと思います。
 社会人野球でもかつての北海道5強時代には、道内で切磋琢磨する環境があり、全国大会に出場するチームには上位を争う力が自然と身についていたように思います。当時と同じ環境を我々の力でつくりなおすことは難しいですし、必ずしも当時と同じような環境でなくても良いとは思いますが、普及と強化のためには現在の環境を変えていくことが必要なのは確かでしょう。









posted by GM at 07:56| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

優勝はZENKO BEAMS

 女子硬式クラブ野球選手権大会はZENKO BEAMS(埼玉)の優勝で幕を閉じました。関東予選で敗退し、一時は本大会への出場権を失ったものの、出場を辞退したチームが発生したことにより出場権を得ました。本大会決勝戦の相手は関東予選で対戦して敗れたアサヒトラスト。皮肉な巡り合わせですね。ZENKO BEAMSは3連覇を狙うアサヒトラストに食らいつき、2-0で勝利。結成2年目にして初優勝。素晴らしいですね。今後のさらなる活躍に期待しましょう。

ZENKO BEAMS
http://zk-beams.com/


posted by GM at 18:21| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする