2020年06月24日

球団経営

 開幕遅延による試合数の削減や無観客による試合の実施などによりプロ球団の経営を心配する声が聞かれます。伝統的に親会社が赤字を補填するシステムで支えられてきた日本プロ野球。近年は自立した経営を目指す球団が増えてきたようですがその実態はどうなのでしょうか。
 私たちのようなアマチュアクラブチームも特定の人や企業に依存せず、自律した運営ができる仕組みを確立しなければいけません。当クラブもいい意味で転換期を迎えています。



posted by GM at 06:31| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

観客

 無観客試合で開幕した日本プロ野球。来月10日から観客を入れて試合を開催することが発表されました。札幌ドームは7月14日からですが待ち遠しいですね。当面は入場数の制限があるようですが、1日も早く平常に戻ることを願います。
 プロはもちろん、アマチュアの試合でも観客がいるといないのとでは選手のモチベーションが違います。練習時も含めて「見られている」という意識は重要。高校や大学のチームでも世間一般から注目される強豪校や伝統校はその注目がさらにチームを強くするのでしょう。また、OBなどの関係者が常に見ているような学校にも同じようなことが言えます。
 ホーネッツも常に注目され練習や試合を見に来る人が増えれば選手たちの意識・モチベーションが向上することでしょう。そうなるよう、努力しましょう。





posted by GM at 06:25| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

パートナー

 昨日は久しぶりにバッティングピッチャーとして200球ほど投げ込みました。最近はデスクワークが多く、体全体が硬くなっていて、最初のうちは投球のコントロールやスピードがままなりませんでしたが、投げ続けるうちに硬さがほぐれ、体も温まり、コントロールも安定し、女子選手にとってちょうどいい程度のスピードも出るようになりました。
 練習には良きパートナーが必要です。主役は選手で、自律して取り組んで欲しいとは思いますが、野球の場合は選手だけでは取り組みにくい課題もたくさんあります。ノッカーやバッティングピッチャーなど、プロ球団であれば多くのコーチや専属のスタッフがいますし、年俸の高い選手は個人的に練習パートナーを雇うこともあるでしょう。
 アマチュア球団ではコーチや監督が何役もこなすことになりますが、選手の良きパートナーとなれるよう、体力や技術も身に付けておきたいと思います。






posted by GM at 07:58| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

元プロ

 北海道日本ハムファイターズが北海道に移転してから約17年。早いものですね。北海道にプロ球団が無い時代、プロ野球選手や元プロ野球選手は遠い存在でしたが、現在はかなり身近な存在になりましたね。
 昨日はホーネッツ・レディースの練習に元北海道日本ハムファイターズ選手のお二人が参加してくれました。野球に関して多くの知識や経験を持つ元プロ選手の指導は貴重です。プロOBがアマチュアの選手に気軽に指導できるような仕組みができるといいですね。


posted by GM at 07:25| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

善意

 ホーネッツには専用練習場が無く、毎週転々とする状況。それでも多くの方々の善意、協力で練習場所を確保できています。本当にありがたいですね。ただ、いつまでもその善意に甘えず、自分たちの拠点を固めなければいけません。そして善意の恩返しもしなければいけませんね。



posted by GM at 06:36| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

独立リーグ

 北海道に独立リーグができ、毎週試合を重ねているようです。来年には拡張の予定もあるようで今後が楽しみですね。
 正直に言えば、まだ「野球で食べていく」というレベルではないのかと思いますが、野球に打ち込む機会が増えることはいいことです。社会人野球のクラブチームとの違いは何か、実際にどのくらいの技術レベルなのか、リーグの運営どうなっているのか。学ぶべきところがたくさんありそうですね。一度、視察したいと思います。






posted by GM at 07:39| 北海道 ☔| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

開幕

 日本のプロ野球はいよいよ明日開幕。待ちに待った試合ですね。
 アマ野球界も中止となった大会の代替大会や秋に予定されていた大会の準備に動いています。やはり試合あってこそのスポーツ。目標が見えない中での活動はモチベーション、テンションが上がらないのは当然です。
 まだ感染症のリスクが消えたわけではありませんが、日常生活を含めて注意を払いながら活動を加速させましょう。
 また、感染症の危険性を痛感したことは摂生の大切さを知る機会となったのではないでしょうか。練習やトレーニングだけでなく、24時間365日を注意深く、大切に過ごすことが目標達成にとって大切だということを忘れないようにしましょう。




posted by GM at 07:50| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

競技団体

 全日本女子野球連盟の総会にZOOMで参加しました。競技団体としては歴史が浅い組織ですので良い意味で未完成です。今後も組織として健全に発展していくよう微力ながら協力していきたいと思います。
 野球界は各カテゴリーの競技団体がそれぞれ長い歴史と伝統を持ち、全体として統一感が無く、バラバラに動いている部分が多いように感じます。老若男女、軟式・硬式、すべてのカテゴリーで方向性を統一し、野球界の発展と社会的存在意義をより高められるように改善されていくといいですね。



posted by GM at 07:40| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

制約

 新型コロナウイルスの影響は少しずつ緩和され、野球に関する活動も再開しているところが多くなりましたが、まだ一部では活動自粛を余儀なくされていたり、都市間の交流が制限されるなど、一定の制約は残っています。
 クラブチームの場合はもともと制約が多く、企業や学校のチームと比べると強化に関して難しい状況に置かれていることは間違いありません。しかし難しい状況に置かれるからこそ強くなる、成長するとも考えられます。
 「何でもそろっていれば、その仕事をやるのは自分である必要はない。そんな仕事なら誰だってできる。自分にしかできない仕事は何か。それは制約の中で見つかる」スティーブ・ジョブズ流の考え方です。
 クラブチームは環境を改善することを考えると同時に、個々の選手が自律して、与えれた条件の中で目標の達成に向けて創意・工夫・努力することが成長と向上に結びつきます。








posted by GM at 05:51| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

感謝

 いろいろなことや人に支えられて野球ができる、日常がある。今回のコロナ禍や天災による災害時などにはそのことをよく考えるものの、平常に戻ればその気持ちが薄れる。「喉元過ぎれば熱さを忘れる」のは人の修正なのかもしれませんが、学習して心を高めることが大切です。
 日々、感謝の心を持ち、それを表現することを心がけましょう。すべてのことは「当たり前」ではなく「有り難い」のです。






posted by GM at 06:14| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする