2019年10月11日

ヘッドコーチ

 北海道日本ハムファイターのヘッドコーチに小笠原道大氏が就任することになり注目と期待を集めています。
 ヘッドコーチの立場と役割は何か?競技によってはヘッドコーチが野球における監督の立場となることもあります。野球では監督の補佐、作戦担当などが主な役割でしょうか。言葉の意味から「ヘッド」を「頭脳」ととれば作戦等、頭を使うポジション。「頭(かしら)」ととればコーチ陣のトップとも受け取れます。歴史的にヘッドコーチとして思い出されるのはヒルマン監督時代の白井一幸氏。一気に時代を遡れば巨人V9時代を陰で支えた牧野茂氏など。強いチームには名参謀が。
 ヘッドコーチに限らず、どの役職においてもそれぞれの役割を明確にし、各人がその役割を自覚し責任を持って果たす。それが大切です。





posted by GM at 05:56| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

ボーナスポイント

 ラグビーワールドカップからも学べることがたくさんあります。考え方、取り組み方、トレーニング方法、戦略、戦術もそうですが、大会運営についてもいろいろとヒントがあります。
 ボーナスポイントというのが面白いですね。昨日のスコットランドは勝つだけではなく、ボーナスポインも獲得。日本との決戦に向けて最善の結果を残しました。
 野球も予選リーグでボーナスポイント制度を導入するのはどうでしょう。現在は勝ち数や勝ち点で並んだ場合、失点率や得失点差で順位を決めることが多いと思いますが、コールドゲームが発生した場合や後攻のチームが勝った場合、計算の対象となるイニング数が異なるためにやや不公平感を感じることがあります。
 「コールド勝ち」でボーナスポイント、「3点差以内の負け」でボーナスポイントなどがあっても良いかもしれません。主催大会で試してみましょうか。




posted by GM at 09:16| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

ドラフト会議

 プロ野球ドラフト会議の話題で盛り上がる時期になりましたね。札幌ホーネッツ設立当初の目標の一つに「プロ・日本代表に選手を送り出す」というものがありました。女子の方からはプロに2人、日本代表に3人、選手を送り出すことができましたが、男子の方ではまだ叶わず。
 ドラフトで指名される際には「○○○○(選手名)、札幌ホーネッツ・株式会社ヴィクレオ(所属企業名)」とチーム名と所属先を並べて読み上げ、記載してもらうことを考えています。パンチョ伊東さんの声で読み上げてもらえないのが残念ですが、一日も早くその日が来るよう努力します。
 優秀な選手を受け入れ、共に育て、感動を共有してくれる企業を求めています。地域のクラブチームとして多くの企業、市民に支えられ、感動を共有したいですね。

https://number.bunshun.jp/articles/-/57840





posted by GM at 07:51| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

ホームランテラス

 パ・リーグのCS、ソフトバンクホークスと楽天イーグルスの試合でホームランが飛び交っていますが、その多くが「ホームランテラス」に飛び込んでいるように見えます。今回のCSには絡んでいませんが、ロッテの本拠地マリンスタジアムも「ホームランラグーン」が。
 「箱庭野球」を脱するために広い球場、高いフェンスのにしたはずなのに、また「箱庭野球」に逆戻りしていくようで残念です。
 ホームランが飛び交うのは豪快で華やか、観客が喜ぶという意見もわからないでもないですが、狭くした球場のせいでホームランが増えたというのでは本来の野球の魅力が薄れ、打者の向上心に水を差すことにもなりかねません。
 打者の本物のパワーや外野手の華麗な守備、外野手と走者の勝負を見せる環境を減らさないで欲しいと願います。





posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

カネやん逝く

 「カネやん」の愛称で人気と実力が高かった金田正一さんがお亡くなりになられました。心よりご冥福をお祈り致します。
 金田さんは豪快な人というイメージが強いのですが人一倍練習したのはもちろん、食事にも気を使っていたそうです。大きな外車に乗って運転手も雇ったのは見栄を張るためのものではなく、安全性を確保し移動中に休養を取るため。
 練習、トレーニング、栄養、休養。アスリートにとって基本的な事をどこまで高め、習慣化できるか。今も昔も不変の真理です。



posted by GM at 06:26| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする