2019年04月15日

脱丸刈り

 高校の野球部で脱丸刈りが少しづつ進んでいるようです。「らしくない」という感じもありますが、時代に即した対応とも言えます。丸刈りがいやで野球を辞めるというのはもったいない。丸刈りでも規律が無く弱いチームがあることも事実。丸刈りでなければいけない合理的理由があるとは思えません。かつては「猫も杓子もとりあえず野球部」という感もあり、野球に対する本気度や覚悟を試すため、ふるいにかけるという意味合いもあったのではないでしょうか。競技人口の減少が危惧される日本野球界。丸刈りの是非も真剣に考えるべき問題ですね。





posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

普及活動

 女子の野球選手が増えています。高校、大学の女子野球部が全国的に増加を続け北海道でも一昨年、札幌新陽高校が先陣を切り、それに続く高校や大学も出てくるでしょう。
 ただ、高校や大学の野球部が増えてもその下の世代が増えなければ先細りに。小中学生やさらにその下の世代から地道な普及活動を続けることが肝要です。
 男子野球部も同じ。既にほとんどの高校や大学には野球部がありますが、このままでは将来が危うい。野球界をあげて普及活動に取り組む必要があります。







posted by GM at 08:30| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

表彰

 スキージャンプの小林陵侑選手が北海道と札幌市から表彰を受けました。それだけスポーツは公的に価値があると認められているということで嬉しいことですね。
 ホーネッツも過去にチームや選手が表彰を受けたことがありますが、近年は縁が遠ざかっています。
 表彰を受けることが目的ではありませんが、自分たちのしていることが社会的価値のあるものなのかどうかをはかることができます。表彰に値する活動となるよう努力を続けましょう。
















posted by GM at 06:36| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

独立リーグ

 富良野を中心に北海道に独立リーグを創るという構想が発表されました。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/295289
 かねてより交流がある出合祐太さんが主導しているようですが詳細は伺っていません。
 かなり前にも北海道独立リーグ構想があり、華々しく報道されましたが頓挫し空中分解。
http://hokutonomado.com/?p=709
 その時は準備や計画がほとんどないまま夢物語を語っていただけだったように見受けました。
 かつて社会人になりたての時、夢と希望に溢れる中、研修で学んだことに「星を見てどぶ板を踏み外さないように」という言葉がありました。夢を持ち希望を語ることは大切ですが、足元もしっかり見て歩かなければいけません。
 今回の出合さんの構想はしっかり準備し計画を立て、是非、成功させてほしいですね。










posted by GM at 07:03| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

練習環境

 運動不足のため、久しぶりに早朝、屋外を走ってみました。寒い。アイスクリームを一気食いした時のように耳の後ろが痛くなりました。30分もしないうちに撤収。自分自身、気合と根性の低下を感じます。
 今年は雪解けが早く、グラウンドに出て練習できるのも早いでしょう。朝練も早期に開始できますが、この寒さとの闘いもなかなか厳しいものです。早春や晩秋にはまだ真っ暗で寒い中、アップをしながら明るくなるのを待つ。明るくなっても極寒。フリーバッティングで詰まった時の手の痛みは拷問レベル。「ゴメンナサイ。もう二度と野球なんてしません」という気持ちになります。それはそれでいい思い出ですが、強いチームを創るには練習環境の整備もクラブにとって大きな課題です。良い環境に良い選手が集まる。気合と根性論だけで強化できる時代ではありません。




 
 
posted by GM at 05:00| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする