2019年02月14日

健康

 競泳の池江璃花子選手が白血病であることを公表し大きな話題となっています。病気に打ち克って再び活躍されることを心から願います。
 普段は何気なく、健康であることが当たり前と思ってしまうのは誰しも同じでしょう。競技以前に健康で日常生活を送れることに感謝しなければいけません。避けることが難しい病気や事故もありますが、注意を払うことによって病気や事故などによるケガのリスクを大きく減らすことは可能です。アスリートが行う激しい運動や大きな負荷をかけるトレーニングは、ケガのリスクや免疫力の低下による罹患のリスクを高めるという側面があります。だからこそ日常生活も含めた自己管理が重要。適切な栄養と休養をとり、最新の注意を払えばケガや病気はかなりの確率で予防できます。健康について今一度考えましょう。
posted by GM at 08:43| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

指導者・生業

 野球の指導者になりたいと思っている人はたくさんいます。しかし野球の指導を生業とできる人は一握り。多くは教職の傍らだったりボランティアで指導しているのが現状です。クラブチームの指導者はほぼ皆ボランティアでしょう。選手はアマチュアであったとしても運営、指導の人材はプロとしなければ本当に強いクラブチームはできないと思います。








posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

体育振興会

 遅ればせながら昨夜は地域の体育振興会の新年会でした。札幌市では学校開放事業の一環として地域の体育振興会に特定の学校体育館の管理運営を委託しています。その体育館を利用するためには体育振興会に加入する必要があり、ホーネッツとしても冬季練習場所確保のため数年前に加入しました。現在はキッズの活動拠点として毎週日曜日に体育館を利用させていただいています。
 各地の学校体育館は主に生涯スポーツの活動拠点として利用されていますが、少年野球チームやサッカー少年団などもひしめき、特に冬場は思うように利用できないことも多いようです。スポーツ施設はまだまだ供給不足ですね。





posted by GM at 08:14| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

24時間

 昨年12月からエニタイムフィットネスの会員になりました。その前はエクサ―24の会員でした。商業施設などで深夜営業を見直そうという気運が高まる中、時代の流れに逆行するように24時間営業のフィットネスクラブやトレーニングジムが増加しています。健康志向の高まりやセキュリティ技術の進化、施設運営ノウハウの確立など要因はいろいろあるのでしょう。
 いずれにしてもクラブチームの選手にとっては好材料です。チーム全体での練習時間が限られる分、個人で取り組み可能なトレーニングや練習はそれぞれが時間をつくって取り組まなければ上位のチームには絶対に勝てません。もちろんお金をかけてフィットネスクラブ、トレーニングジムなど会員にならなくてもできることはたくさんあります。ただ、より質の高い練習やトレーニングを目指すのであればある程度の投資も必要でしょう。
 1日は24時間。時間はすべての人に平等に与えらえた限りある資源です。無駄なく有効に活用しなければクラブチームの勝利はありません。







posted by GM at 07:09| 北海道 ☔| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

ライバル

 小平奈緒選手の連勝が37で止められました。オーストリアの新鋭、バネッサ・ヘルツォークに敗れて2位。小平選手が欠場した3レースを制し、小平選手が出場した大会でもすべて2位に入ってきたヘルツォーク選手の勝利がフロックではないことは明らかです。連勝ストップは残念ですが、これがまた闘争心に火がつくきっかけとなれば良いでしょう。レベルアップ、モチベーションの向上にライバルの存在は重要です。
 かつて北海道の社会人野球が高いレベルにあったのは5強と呼ばれる企業チームの存在があったからこそ。5強が互いにライバルとして鎬を削り、その5強を目標に他のチームもレベルアップを図る。同じ状況は再現できないかもしれませんが、道内で強力なチームが複数存在し切磋琢磨して全国の頂点を狙えるレベルに到達する日が再び来ることを願います。




posted by GM at 10:58| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする