2019年03月06日

有鈎骨

 清宮選手が右手有鈎骨を骨折しましたが無事、手術が成功したようです。スイングスピードが速くなればなるほどこのケガのリスクは避けられません。競技スポーツをしていればケガのリスクは常につきもの。肉体の限界を追求するわけですから当然です。リスクを最小限に抑える努力は必要ですが、それでも時には避けられないケガがあります。起きてしまったことは仕方がないので「ケガの功名」となるよう、一回り大きくなって復帰してくれることに期待しましょう。









posted by GM at 06:20| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

徹夜

 受験勉強や深夜勤務などで徹夜を経験したことがある人も多いでしょう。私は勉強で徹夜をしたことはありませんがコンビニのアルバイトやマージャン、ススキノで朝まで飲むなどして徹夜を経験したことがあります(反省)。
 遊びにしても勉強や仕事にしても徹夜は間違いなく体調を崩します。遊びはともかく、勉強や仕事でも徹夜や深夜まで起きていることはマイナス面が多いのでできるだけ避けたいものです。計画的な行動で時間を上手に使う習慣付けが大切です。高度成長期のようにがむしゃらに働く時代から生産性の向上を図る時代に変わっています。学校部活動も練習時間を制限される流れとなっています。スポーツの指導者も生産性の向上を意識して取り組む必要があります。
 ちなみに徹夜でマージャンをしてそのまま練習にいったら、ピッチングマシンから飛んでくるボールがウーピンにしか見えなくて、空振りばかりだった記憶があります(反省)。 




posted by GM at 05:50| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

韓国

 ホーネッツの選手を含む北海道オールスターズが韓国遠征中。硬式のホーネッツ、札幌新陽高校のほか、軟式の札幌シェールズ、苫小牧ガイラルディアからも選手が参加してチームを編成。ヤング(Yang-Gu)国際女子野球キャンプに参加しています。野球を通じて国際交流ができるのは良いことですね。
 韓国でも近年、女子野球が普及しつつあるようです。対戦結果を見ると日本の女子野球と比べて技術レベルはまだまだこれからのようですが、本気で取り組む人が増えてくれば強力なライバルとなることでしょう。
 女子野球日本代表チームはワールドカップで6連覇中ですが、国際的な競技の普及と強力なライバルの存在があってこそ、その価値も高まります。国際交流の中で日本が先導して競技の国際的普及に貢献できるといいですね。
 また政治的に難しい局面にある日韓関係ですが、スポーツによる交流が両国の相互理解と関係改善に少しでも寄与できるのではないかと期待します。



posted by GM at 06:06| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

わいせつ

 札幌のミニバス指導者が強制わいせつの容疑で逮捕された事件。本人は自分の行為が「わいせつ」なことだとは思っていなかったのでしょう。少し前までなら「この程度のことで」と思う人も多かったのではないでしょうか。立場や感性によって受け止め方、感じ方は千差万別。社会通念も時代とともに変わります。指導者にはより細やかな配慮が求められる時代です。
 セクハラ、パワハラと言われるような行為はスポーツ指導の現場においてもまだまだたくさんあるのが実情ではないでしょうか。
 指導者自身の意識改革が必要であるとともに、各競技団体等による指導者の教育研修システムの整備も必要ではないでしょうか。




posted by GM at 06:05| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

捕手

 巨人の阿部選手が3年ぶりに捕手として実戦に出場とう記事がありました。西武から移籍の炭谷選手や実力を高めてきた小林選手と正捕手の座を争うことになるのでしょう。贅沢な競争ですね。ホーネッツでは男女ともに捕手不足。競争以前に人手不足の感が否めません。捕手のスカウトは重要な課題です。
 話はまったく変わりますが、新聞紙上では「読売」でもなく「ジャイアンツ」でもなく「巨人」と表記するのですね。「北海道日本ハムファイターズ」のように「地域名」+「スポンサー企業名」+「愛称」というチーム名が主流になりつつある中、巨人・阪神・中日は伝統的なチーム名を守っています。
 その中でも「巨人」はNPBの登録上では「読売ジャイアンツ」ですが、新聞紙上等では「巨人」と表記されています。阪神は昔「猛虎軍」と名乗っていましたが今や「猛虎」と言うことは無いでしょうし、中日も「辰」とは言いません。そう考えると読売ジャイアンツを「巨人」と言うのは独特ですね。







posted by GM at 05:15| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

バスケ躍進

 バスケットボールの男子日本代表が今年8月に中国で開催されるワールドカップへの出場を決めました。
 2017年11月から2018年2月にかけての1次予選4連敗からスタートしながらも、その後8連勝。21年ぶりに自力での出場権獲得です。
 国内リーグの分裂で混乱していた日本バスケットボール会を変えた川淵三郎氏の功績が大きいでしょう。Bリーグの創設や国籍変更選手による強化策など、強力なリーダーシップで日本バスケットボール会を改革。
 野球界は過去の成功体験の延長線上で考えるのではなく、サッカー界やバスケットボール界などから学ぶべきことがたくさんありそうですね。




posted by GM at 07:27| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

 我々の世代が野球で王選手といえば「世界の王」王貞治氏ですが、今は北海道日本ハムファイターズに入団した王柏融選手に期待が集まっています。かつて南海ホークスに、アメリカ人なのに何故か「王天上」という登録名の選手もいました。「王」とは素晴らしい名前ですね。王柏融には是非、日本でも三冠王、4割を目指し、ファイターズを優勝に導いて欲しいと思います。





posted by GM at 05:48| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

オープン戦

 プロ野球ではオープン戦が始まりました。この時期に野球の試合ができるのは良いですね。北海道ではまだまだ現地で野球の試合ができる状況ではありませんので「仕込み」の時間として、しっかり体力や技術を身につけましょう。雪解け後にはできるかぎり数多くのオープン戦を組み、実戦感覚をつかむとともに冬期の練習成果、成長度合いをはかり、足りないものを見つけて補完修正する作業が大切です。
 特に社会人野球は都市対抗予選までの日数が少ないので急ピッチでチーム作りを進める必要があります。女子も7月の北海道大会、8月の全日本選手権などに向けて練習できる期間は半年を切っています。
 また、オープン戦が始まるとその分、練習に費やす時間が少なくなります。試合ができない今だからこそ、練習、トレーニングへの意識を高めて取り組みましょう。
posted by GM at 08:37| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

333億

 パドレスはドジャースからFAになったマニー・マチャド内野手を10年契約で獲得。球団公式サイトによると総額3億ドル(約333億円)の契約だそうです。桁外れですね。
 MLBではこの他にも大型契約、高額年俸の選手がたくさんいます。これだけのお金が動くのですからアメリカでのスポーツビジネスは本当にすごいですね。
 日本も政府がスポーツビジネスを有望産業ととらえ、GDPを5.5兆円から15兆円にしようとしています。野球に限った話ではありませんが、「スポーツで食える人」が増えるといいですね。








posted by GM at 08:36| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

野球・ソフト落選

 2024年パリ五輪の種目から野球・ソフトボールが外れました。残念です。ヨーロッパでは野球の人気や普及度が低いということも影響しているのでしょうか。
 かつて吉田義男氏(元阪神タイガース監督)がフランス代表監督を務め注目されましたが、その後ヨーロッパでの普及は進んでいないのでしょうか。この記事を書くにあたってヨーロッパの野球事情を調べて知りましたが、フランスでは野球、ソフトボール、クリケットをまとめて一つの連盟で運営しているのですね。G.G.佐藤選手(引退)が所属したイタリアのプロリーグはその後、発展しているのでしょうか。
 いずれにしても世界的にはサッカーやバスケットボール等と比べると野球の競技人口はかなり少ないようです。国内における男女への競技普及も大切ですが、国際的な競技の普及活動も野球界にとって重要な課題ですね。

posted by GM at 03:56| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする