2019年04月17日

札幌国際大学

 札幌国際大学が2020年に女子硬式野球部を創設することが公表されました。札幌新陽高校の時のように派手な報道ではありませんでしたが、北海道初の大学女子硬式野球部ですのでこれから注目されることでしょう。北海道の優秀な女子選手が集まり、北海道の代表として大学選手権などで活躍する姿を見たいですね。また、ここから女子プロ野球選手や日本代表メンバーとなりワールドカップで活躍選手する選手が生まれることに期待します。
http://www.siu.ac.jp/


posted by GM at 05:52| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

門を叩く、叩き続ける

「求めよ、さらば与えられん。尋ねよ、さらば見出さん。門を叩け、さらば開かれん」と新訳聖書にあるそうです。
「想いは叶う」という言葉もあります。
 ただ、想うだけでは何も起こらないのも事実。行動し、行動し続けなければいけません。それだけ「強く想う」ことが必要。
 ようやく北海道の大学に女子硬式野球部ができます。門を叩き続けて腕が折れそうです。多くの関係者の協力で、これからの創部を成功させて欲しいですね。


posted by GM at 05:43| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

投手起用

 ファイターズの新しい投手起用法がなかなかうまくいかず苦しんでいるようです。投手の起用法は難しいですね。昔は一人のエースを中心に考えればよく、監督の悩みは少なかったことでしょう。近代野球では高校生ですら複数の投手で戦う時代。ただ200球も投げるような展開は別として、基本的には一人が1試合を投げ切るという前提で投手を育てることも必要ではないでしょうか。特に日本のアマチュアの場合、トーナメントの一発勝負が多いので投手交代のリスクは小さくありません。



posted by GM at 07:02| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

スカウト

 いかに有力な指導者や選手をスカウトするか。チーム強化の第一歩。学校であれば学校経営の観点からも重要な課題です。名を取るか実を取るか。長期的な成功のためには実を取るべきと思いますが、スタートアップの時には名が有効な場合もあるでしょう。名実ともに揃った人物がいればもちろん言うことは無いのですがそれは希少です。多様な人材を組み合わせてチーム編成をすることが求められます。今まさにそこに関わっていますが、難しくもあり面白い部分でもあります。関わったチームを成功に導くことが使命だと思い取り組んでいます。











posted by GM at 11:15| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

大谷惜敗、新陽大勝

 選抜高校野球大会、甲子園では札幌大谷高校が2回戦で大分の明豊高校と対戦、1-2で惜しくも敗れました。
 華々しい甲子園の陰であまり目立ちませんが、女子の高校野球も選抜大会が行われています。
 http://www.girls-baseball.jp/img/topics_main.pdf?20190328
 札幌新陽高校は女子硬式野球部一期生が最後の年を迎え、本気で日本一を取りに行っています。
 1回戦は11-0、2回戦は12-5といずれも大勝。このまま頂点へ向かって突き進んで欲しいですね。
 高校女子野球の試合結果、速報はこちら http://www.jhgbf.org/




posted by GM at 06:03| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

体育からスポーツへ

 北海道体育協会は4月1日から、名称を「北海道スポーツ協会」に変更します。昨年4月に日本体育協会が日本スポーツ協会に名称変更した動きが全国各地の協会に広まりつつあるようです。2015年にスポーツ庁ができ、またスポーツビジネスという言葉もよく使われるようになってきました。 「体育」は強い兵隊をつくるための手段であったという説もあります。一昔前の「体育会系」が軍隊組織のような色合いが強かったのはそのせいでしょうか。何をしてでも勝つために上意下達を徹底する。もはやそんな時代ではありません。自ら目的や目標を持ち、自ら考え主体的に動く。「スポーツ」の時代です。












posted by GM at 06:04| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

自信

 札幌大谷高校が甲子園で初勝利。昨年秋の明治神宮大会での優勝による自信もあったでしょう。かつて北海道の高校は勝てなくて当たり前と思われていました。先制しても「いつか追いつかれ、逆転されるのではないか」、追いつかれたり逆転されれば「ああ、やっぱりか」という感じに。しかし駒大苫小牧高校の優勝やその後の東海大四高校、北海高校の準優勝などもあり、北海道全体が呪縛から解けたように勝つことが当たり前に変わりました。「自信」の力は大きいものですね。







posted by GM at 06:14| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

ヴォレアス北海道

 先日、短時間ではありましたが株式会社VOREASの池田社長とお会いして話を聞くことができました。チームは一般社団法人北海道バレーボールクラブ・ヴォレアス北海道。選手はほぼ全員がプロ。構造の詳細を聞くことはできませんでしたが参考にできるところはありそうです。研究します。

https://voreas.co.jp/





posted by GM at 08:51| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

レバンガ北海道

 レバンガ北海道の横田CEOとお話しする機会がありました。レバンガ北海道はいまのところ成績は振るわず、最下位争いをしているような状況であるにもかかわらず、観客動員数ではBリーグ3本の指に入るほど健闘しています。実力と人気は必ずしも一致しないということです。
 プロチームでは様々な演出や営業努力で人気を高めていますが、アマチュアの我々はどうすれば良いでしょうか。個々の選手が人格を磨く、仕事で輝く、チームのPRをする。勝利以外にもするべきことはありますが、強いチームになるということも外せない大きな要素だと思います。

レバンガ北海道
https://www.levanga.com/



posted by GM at 07:50| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

eスポーツ

 eスポーツのプロ大会でレバンガ北海道が運営するチームが優勝し、賞金1000万円を獲得。eスポーツはスポーツと言えるのかという声もありますが、ゲームの内容によってはスポーツと言って差し支えないようなものもあるでしょう。関わり方にもよりますが、「ホーネッツ」としてeスポーツに参戦するのも面白いかもしれませんね。



posted by GM at 05:00| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする