2020年06月09日

休養

 月曜日は休養日にするのが良いでしょう。クラブチームの選手は土日の運動量が平日と比較してかなり多くなるので、月曜日に疲労のピークが来ることが多いと思います。とはいっても仕事はしなくてはならないので、日曜日の練習後にはストレッチやマッサージなどをしっかりして、栄養にも気を配り、睡眠を十分にとって少しでも回復を早くできるよう努め、身体は休めるのが良いでしょう。
 真面目過ぎる選手はオーバーワークになりがちですので、休養を取ることの必要性を理解しなければいけません。
 少年野球の頃、スポ根世代で指導者がいなかった私は「練習はたくさんやればやるだけ強くなる、上手くなる」と信じ、試合に向けて徐々に練習量を増やし、小学生にもかかわらず、試合の1週間前は毎日200球の投げ込み(ピッチャーでした)を自分に課していました。そのため試合当日にはボロボロ。無知の反省です。特に若い選手に対しては、指導者がしっかりと指導しなければいけませんね。
 ただ、クラブチームの選手には休養が多すぎる選手も少なくないようなので誤解をしないように。









posted by GM at 06:24| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: