2019年09月23日

投球数制限

 高野連は春夏の甲子園大会と地方大会を対象に「1週間で500球」の投球数制限導入を明記することを決めたとの記事がありました。3日連続の投球も制限される見通しです。記事の中でよくわからなかったのが「来春の選抜大会からの導入を見込み、3年間はルール化せず、準備や検証の期間と位置づける」という部分で、ルール化されなければそれを守るチームがあるのかというところですが、ともかく投球制限を設ける方向に進んでいくことは確かでしょう。
 各チームとも複数の投手を育成、起用する必要が出てくるので、控えの選手の出番や野手と投手をかけ持つ選手が増えて良い経験になるのではないでしょうか。指導者の負担や悩みが増えるのは確かですが、日本球界の健全な発展と選手の保護を考えれば良いことだと思います。





 
posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: