2019年08月23日

好敵手

 履正社が大会屈指の好投手、星稜・奥川投手を攻略。履正社が春夏通じて初優勝を飾り大会の幕を閉じました。
 春の選抜とその後の練習試合では奥川投手を全く打てず完敗していたチームが夏の甲子園、決勝戦でついに攻略。お互いに意識して高めあう。理想的なライバルです。
 「ライバルはいてもエネミーはいない」という言葉があります。相手をやっつけるのではなく、お互いに認め合い、リスペクトし、切磋琢磨して高めあう。スポーツに限らずそういう社会であって欲しいですね。







posted by GM at 07:48| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: