2019年02月28日

捕手

 巨人の阿部選手が3年ぶりに捕手として実戦に出場とう記事がありました。西武から移籍の炭谷選手や実力を高めてきた小林選手と正捕手の座を争うことになるのでしょう。贅沢な競争ですね。ホーネッツでは男女ともに捕手不足。競争以前に人手不足の感が否めません。捕手のスカウトは重要な課題です。
 話はまったく変わりますが、新聞紙上では「読売」でもなく「ジャイアンツ」でもなく「巨人」と表記するのですね。「北海道日本ハムファイターズ」のように「地域名」+「スポンサー企業名」+「愛称」というチーム名が主流になりつつある中、巨人・阪神・中日は伝統的なチーム名を守っています。
 その中でも「巨人」はNPBの登録上では「読売ジャイアンツ」ですが、新聞紙上等では「巨人」と表記されています。阪神は昔「猛虎軍」と名乗っていましたが今や「猛虎」と言うことは無いでしょうし、中日も「辰」とは言いません。そう考えると読売ジャイアンツを「巨人」と言うのは独特ですね。







posted by GM at 05:15| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: