2019年01月15日

大人の

 成人式にちなみ、大人の野球について考えてみましょう。プレー自体が洗練された大人の野球を目指すことが一つ。そして何のために社会人になってまで競技を続けるのか。趣味でプレーするのはともかく、悩み苦しみながら続けるのはなぜか。
 人は成長とともに「してもらう喜び」から「自分でできる喜び」そして「してあげる喜び」へと昇華していきます。親に送迎され、お弁当を作ってもらい、道具をそろえてもらい、その他諸々のことを親や周囲の大人にしてもらって野球を始めます。やがて成長し自立して自分のことは自分でできるようになります。社会人にまでなってプレーするのであれば人に何かを与えられるようになりましょう。もちろん社会人になっても多くの人に支えられて競技を続け、自分自身の目標を持ってプレーするのは子供や学生時代と変わりませんが、それに感謝するだけでは足りません。人に何かを与えることを使命として取り組むことが自分やチームを強くし、多くの人の支援、声援を受けることにつながります。自立から自律へ。人に感動を与えられる選手になりましょう。













posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: