2015年02月27日

33.9%部活中

 文部科学省は24日、学校で起きた児童生徒の突然死や重い後遺症を伴う事故で災害共済給付金制度の対象となった558件のうち部活動中の発生が189件(33.9%)で最多だったと発表した。(北海道新聞より)
 全体の中での割合はともかく、189件の重大な事故があったことは残念です。部活動の種目別では柔道27件、野球21件、ラグビー18件など。先日も高校の野球部でノックの打球が選手の頭部を直撃する事故がありましたが、なんとかして事故は無くしたいものです。スポーツ指導者のライセンス制度などを作り、コーチング術や技術論とともに事故の防止に関する意識や知識を高める取り組みも必要ではないでしょうか。
posted by GM at 05:18| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック