2014年03月30日

プロ経験者

 プロ出身者が教えると、どういう効果があるのでしょうか。「何でも吸収できるゴールデンエイジの子どもたちです。わくわくどきどき感が大切な年代です。芦屋学園では2012年から、大学野球部をブルーサンダーズの2軍と位置づけ、13年には学園の野球クラブのゼネラルマネージャーに大学の後輩でもある片岡篤史(元阪神、日本ハム)が就任しています。高校生も巡回指導します。彼がバットのグリップの握り方、スタンスの取り方をちょっと教えるだけで、ちゃんと芯に当たるようになるとか。やはり、プロ経験者の技能、技術はレベルが違います」
以上 北海道新聞「聞く語る」
大八木淳史さん(芦屋学園高校校長、元ラグビー日本代表)へのインタビュー記事より抜粋

もっともっとアマチュア野球の選手がプロの現役選手やOBからの指導を受けやすい環境になることを願います。

posted by GM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック