2013年11月30日

子どもの練習量

 大人と子どもの体は違う。技術の習得、チームの勝利のためには数多くの反復練習や長時間の練習、ハードなトレーニングが必要な場合もあるが、障害を引き起こしてしまっては意味が無い。指導者や親はそれを認識しなければいけない。指導者や親が過剰な練習やトレーニングを課さないよう、気をつけることはもちろんだし、子どもが自ら進んでやっていたとしても、その練習やトレーニングの内容と量を管理、指導することも忘れてはいけない。
posted by GM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック