2013年09月16日

コーチのコーチ

 サッカーには指導者のライセンス制度があるが野球には無い。
 指導の質を上げるためには体系的、継続的に学習する制度や機会が必要だ。前回の東京オリンピックの頃はいわゆる「スポ根」の時代でそれが結果に結びついていたところもあるが時代は変わっている。
 次の東京オリンピックに向けたこの時代に相応しい新しい指導者像を確立する取り組みが必要だろう。
 選手としての経験や実績があっても指導者としての勉強やトレーニングを受けずに選手を指導するのは練習をせずにいきなり試合に出る選手と同じではないだろうか。(現実にはほとんどそうだが)
 いまや企業の経営幹部も専門のコーチから指導を受ける時代である。スポーツの指導者を指導する仕組みづくりは重要な課題だろう。
 
posted by GM at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック