2013年09月13日

7回制

 野球を五輪種目へ復帰するため7回制にするという改革案が出ていますが、いかがなものでしょう。
「まずは五輪種目へ復帰すること」という考え方もあるのでしょうが、競技の本質に関わる部分を変更するというのは個人的には反対です。
 レスリングが五輪種目へ復帰のため階級の区分を変更したり女性の競技団体幹部への登用するというようなことであれば良いと思いまが、試合の9イニングを7イニングにすると野球という競技をつまらなくするように思います。
 9イニングでは試合時間が長すぎるということなのでしょうが、時間に縛られず9回2アウトからでも逆転可能なのが野球特有の魅力のひとつです。また7イニングにすると打者9人、27アウトの関係が崩れ、本来の戦い方とは大きく変わってしまいます。
 競技の本質を変えてまで五輪競技復帰を目指すよりも、競技の国際的普及活動や男女の競技人口を増やすことに注力すべきだと思います。

参考:日本経経済新聞 チェンジアップ(豊田泰光)
posted by GM at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック