2020年09月10日

進路

 競技を続けるか、きっぱりやめて他の道に専念するか。それは本人の意思を尊重するしかありませんし、どちらが良い悪いということもなく、本人が選択した道が正しいのでしょう。
 女子の野球競技人口は増加傾向にありますが、長く続ける割合は男子と比べてかなり低いようです。プロや企業チームの受け皿が小さいからかもしれません。女子は男子と比べて現実的にものごとを考える人が多いからなのかもしれません。
 男子はクラブチームや独立リーグなど、厳しい環境のもとでも競技を続けたいという人が少なくありません。
 進路の問題は本人の意志を尊重するとしても、野球界として競技者にとって幸せな選択肢を増やすことができればいいなと思います。





posted by GM at 07:57| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする