2020年08月12日

猛暑

昨日は各地で猛暑日に。熱中症に要注意ですね。
昔の野球部ではどんな時でも練習中に水を飲ませてもらえず、ど根性だけで乗り越えて来ましたが、今思えば恐ろしいことですね。
管理者、指導者は選手の健康と安全に最大限の注意を払わなければいけません。

posted by GM at 06:37| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

習慣

 クラブチームは毎日集まって練習することができません。必然的に企業チームや学校部活動と比べてチームとしての練習機会、練習量が少なくなります。選手個々の練習やトレーニングがカギとなります。食事をして、端を磨き 寝る。同じように毎日の習慣の中にトレーニングや個人練習を組み入れる。何事も習慣になれば苦ではなくなります。日々の積み重ねがレベルアップにつながり、個々の練習量の総和がチーム力につながります。善き習慣を身に付けましょう。


posted by GM at 07:36| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

栄養士

 女子チームのサポートに栄養士が加わりました。
 選手・チームの強化には練習・トレーニングはもちろん、栄養も重要。多くの人の力を借りて強いチームにしたいと思います。



posted by GM at 08:08| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

夏休み

 日本の社会人は伝統的に長期の夏休みなどはありませんでしたが、最近は労務管理を重視する企業が増え、欧米並みとはいきませんが、ある程度まとまった休暇をとることができるようになった社会人も増えているようです。とはいっても中小零細企業ではまだまだそうはいきません。そういう私の会社(零細企業)も所定の休日である土日祝日以外は1~2の夏季休暇が精一杯。
 クラブチームの練習は土日祝日が中心となりますので、お盆期間とはいってもシーズン真っ最中のこの時期に練習を休むのは、昭和世代の野球部出身者にとっては勇気がいります。女子は8月の全日本選手権が中止となり、今年の目標は10月のクラブ選手権。休養と社会生活も大切ですので今年のお盆は練習を休みます。完全に野球を離れることなく、積極的休養として有効に過ごして欲しいと思います。



posted by GM at 07:00| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

立命館慶祥

 北海道有数の進学校である立命館慶祥高校。野球部も実力があります。札幌ホーネッツにも同校のOBが数名。同行野球部長は札幌ホーネッツのOBでもあります。
 先日の南大会では札幌第一高校と激戦を繰り広げ、2点を勝ち越されながら9回表に2点を返し同点。なお1死満塁と攻めていましたが日没コールドゲームに。規定により9回表の得点は認められず8回終了時点での8-10をもって敗退となりました。立命館慶祥にとってはまさに残念無念という結果でしょう。
 球場に照明があればこのような悲劇は生まれないのですが…






posted by GM at 08:52| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

プロリーグ

 野球に限らず各スポーツ競技でプロリーグが随分と増えましたね。野球においては複数の独立リーグが存在し、北海道にも今年から新しいリーグができました。
 野球以外ではJリーグに始まり、Bリーグ、Vリーグ、Tリーグなどに続き、ラグビーや女子サッカーもプロ化に進んでいます。野球では約10年前から女子プロリーグも存在しています。
 「実業団」「企業チーム」といった形態は無くなるのでしょうか?
 野球界であれば社会人野球の存在意義はどうなっていくのでしょうか。
 脆弱なリーグだとしてもプロにはプロの良さがありますが、「毛色」が違うアマのトップリーグも無くてはならない存在だと思います。





posted by GM at 04:03| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

石狩レッドフェニックス

 明日、石狩市で独立リーグのプレシーズンマッチが行われるます。
 北海道の独立リーグに来季から参戦する石狩レッドフェニックス。レッドフェニックスが社会人野球ではなく、独立リーグへ参戦するのはなぜでしょう。選手は仕事をしながら野球をする点では社会人野球のクラブチームと変わらないと思いますが、独立リーグのチームとして活動する理由はどこにあるのでしょうか。その理由とメリット、デメリットを考察することがクラブチーム運営のヒントになるかもしれません。

https://i-red-phoenix.com/


posted by GM at 07:58| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

つまようじ

 コーチが選手の頭に何本もの爪楊枝を差したり、未成年の選手に飲酒を強要したりしていたことがニュースで報じられました。
 いわゆる「体育会系」ではそのくらいよくあることというのが一昔前の体質であったことは確かでしょう。あまりにも一般社会の常識とかけ離れた感覚です。そういうことは無くしていきたいですね。いい意味での「体育会系」の人材を育成できるよう、スポーツ界、指導者は心がけましょう。


posted by GM at 07:55| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

リーグ戦

 北海道に女子硬式野球チームが増え、4チームになりました。北海道内においてシーズンを通じて女子のリーグ戦を行う構想があります。札幌国際大学はまだ部員数が揃いませんが、来季には部員が増え、単独チームで参戦できることでしょう。
 伝統的に一発勝負のトーナメント戦が多かった日本の野球界ですが、近年はリーグ戦形式の大会も増えました。
 一発勝負のトーナメント戦では目先の勝利が最優先。そのため特定の選手ばかりの起用になりがちで、力のある選手には過度な負担をかけ、力の劣る選手にはチャンスが与えられないという弊害があります。それに対してリーグ戦は長期的な展望を持って選手育成のための起用もしやすく、全体的なレベルアップや選手の満足度向上に寄与するでしょう。
 負ければ終わりのトーナメント戦の緊張感と長期的展望で見られるリーグ戦をミックスして、各チームのレベルアップと野球自体の魅力向上を図りましょう。











posted by GM at 07:53| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

感謝・恩返し

 昨日、練習後のミーティングで一言、感謝と恩返しについて触れましたが、ちょうど昨夜の夜のTVドラマ「半沢直樹」の中でも同じ言葉が使われていました。仕事も野球も同じです。
 感謝の気持ちを持つと同時に何らかの形で恩人や社会に恩返しをすることが大切です。野球の場合、どのような形で恩返しできるのか。考え、実践しましょう。







posted by GM at 08:46| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする