2020年06月06日

横田滋さん死去

 横田滋さんががお亡くなりになられました。拉致されためぐみさんと会えずこの世を去ることになったことはさぞかし無念だったことでしょう。心からご冥福をお祈り申し上げます。
 野球とは関係ない話題かもしれませんが、選手には親が子を思う気持ちを理解し大切にしてもらいたい。すべての人にとって自分があるのは親があってこそ。まして野球をさせてもらうことは本当にありがたいことです。
 以前にも書きましたが、幸せの段階には「してもらう幸せ」「自分でできる幸せ」「してあげる幸せ」があります。手取り足取り、野球をさせてもらい、食事を与えてもらい、送迎してもらったりしながら野球を始めたと思います。やがて自分のことは自分でできるようになり、親の手を離れる。社会人になってもクラブチームで競技として野球を続けるのであれば親を喜ばせるような結果を出すことを一つの目的、目標として取り組みましょう。それが自分の趣味としてする野球と競技としてする野球の違いの一つではないでしょうか。
 私は若い頃、私の父は私の野球にあまり関心が無いものと思っていましたが、札幌ホーネッツ優勝時の新聞記事をいつも持ち歩いていたことを父の友人から聞き涙が出ました。生前にもっと野球のことを話せばよかったと後悔しています。選手には親孝行をして欲しいですね。


posted by GM at 06:32| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする