2020年05月11日

人間的成長

 クラブの活動目的の一つ「人間的成長」とはどういうことでしょうか。いろいろあると思いますが、スポーツマン、アスリートにとってわかりやすいところで、まずは「スポーツマンシップ」を学び、理解し、実践しましょう。
 私は29歳でプレーヤーを卒業するまで「スポーツマンシップ」をよくわかっていませんでした。そういう人は少なくないのではないでしょうか。
「スポーツマンシップ」という言葉は知っていましたし、「なんとなく」感じるものはあり、それを目指してはいましたが、当時、説明すれと言われても、言葉では説明できなかったと思います。
 今、スポーツのあり方も変わり、良い方向に進んでいると思います。先んじてホーネッツのメンバーが「スポーツマンシップ」学び、理解し、実践することを目指しましょう。






posted by GM at 07:50| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

目的再考

 明確な目的や目標があるから「きつい」けど頑張れる。
 過去にも何度か述べましたが、特定非営利活動(NPO)法人北海道ベースボールクラブの目的はメンバーの人間的成長と地域社会活性化への貢献。
 活動が制限される中で社会的責任を果たしつつ、自律して高い目標を立て、その達成に向けて実行する。自分自身でモチベーションを高め、創意工夫して取り組む。そういうことも人間的成長につながる大きな要素です。



posted by GM at 09:45| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

きついけど

「きついけど辛くない、きついけど愉しい」
 NHK「みんなで筋肉体操」での掛け声。
 野球の練習やトレーニングも高いレベルを求めるほど、より「きつく」なりますが、「愉しい」から頑張り続けることができます。
「楽しい」ではなく「愉しい」と表現するのは「スポーツマンシップバイブル」から引用しました。その違いにに関しては是非「スポーツマンシップバイブル」を読み、考えてください。
 私個人的な感覚としては、レクリエーションとしてのスポーツには「楽しい」という表現、競技性の高い場合は「愉しい」という感じかな、と思います。
 「愉しい」と思えるのは目的や目標があるからでしょう。それについてはまた明日、触れたいと思います。






posted by GM at 08:12| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

ルール

 高校、大学、社会人まで野球を続けている選手でもルールを完全に理解している選手は意外と少ないものです。
 ホーネッツ・レディースでは金野ヘッドコーチが動画でルールの勉強会を開始しました。良い試みですね。
 練習に制約があるぶん、野球を深く勉強する時間があります。身体と共に知識も磨き、活動再開時に一皮むけた選手の姿を見るのが楽しみですね。





posted by GM at 06:20| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

問答

 群馬の大学で陸上競技をしている二男が長期帰省中。毎日一緒に食事をするので自然と会話が増えます。何のために働くのか、どう生きるべきか、何を目的に協議をするのかなど、大学生にもなると哲学的な話もするようになります。
 価値観、職業観、競技観などは人それぞれで良いと思いますが、哲学的な答え(それも経験等により変化していくこともありますが)を持って生きる、取り組むことは大きな力になります。
 外出自粛が続くこの5月。家族や特定の友人、チームメイト等と問答することで自分なりの答えを探してみてはどうでしょうか。



posted by GM at 08:40| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

落合博満

 落合博満さんの考え方や技術論が面白い。以前購入して一度読んだ本をあらためて読み返したり、YouTubeなどで落合さんの話を聞いています。
 個性的でアクが強い人なので賛否、好き嫌いがわかれるかもしれませんが、選手としても指導者としても偉大な実績を残されている人なので学ぶべきことが多いことには間違いないでしょう。









posted by GM at 06:37| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

個の能力を高める

 緊急事態宣言が延長され、クラブとしての活動がなかなかできません。この期間、徹底的に個々の能力を高めて欲しいですね。どのチームも等しく練習環境に制約があります。グラウンドに出た時、自粛期間に各選手が何をしてきたかが明確にわかることでしょう。




posted by GM at 07:43| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

延長

 政府は緊急事態宣言について、当初5月6日までとしていた期限を5月31日まで延長する方針を固めたようです。これに伴いチームの活動自粛期間も延長せざるを得ないでしょう。
 長い戦いになりましたね。「我慢」「辛抱」「自己管理」を学ぶ機会です。この時間を無駄にせず、前向きに、建設的に毎日を過ごしましょう。
 友人と話していて「今回の自粛期間は長く感じられるけれども、第二次世界大戦は6年間、これよりももっと過酷な状況が続いたことを考えるとその中を生き抜いてきた人はすごい」という話になりました。
 先日のテレビ番組では張本勲さんが「防空壕で何日も我慢してきたからこんなの大したことないよ」と仰っていました。
 空襲があるわけでもなく、自分の行動管理で概ね安全が確保できるのですから、今しばらく、我慢、辛抱しましょう。









posted by GM at 07:56| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

探究心

 野球は技術や経験が問われるスポーツ。体力は年齢と共に確実に落ちますが、技術や経験でそれを上回るパフォーマンスを発揮できます。技術や経験はただ漠然と練習、プレーしていては身につきません。探究心を持って取り組むことが大切。
 現代は情報が溢れています。しかしアンテナを立てていなければ有益な情報は入りません。外出しにくい状況の今こそアンテナを立てて技術や経験(他人の経験談などからも吸収できる)を探究しましょう。










posted by GM at 08:03| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

動画

 チームとして活動ができない中、金野ヘッドコーチが動画で指導を試みました。作り手は時間と手間がかかり大変だと思いますが、一堂に会さなくてもいろいろできるという好例を見せてくれました。感謝して享受しましょう。




posted by GM at 09:28| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする