2019年11月20日

実力拮抗

 プレミア12で日本が優勝しましたが、スーパーラウンドはすべて接戦、僅差のゲーム。一昔前、国際大会はアマ中心だったこともあり、アメリカ、日本、キューバなど一部の国が圧倒的に強く、あとは「その他大勢」という感じでした。近年はどの国もレベルが上がり、プロ中心に編成する日本代表チームであってもどの国を相手にしても簡単に勝てる試合がありません。
 日本の一野球関係者としては自国のチームには常に勝って欲しいとは思いますが、世界各国の実力が拮抗し、国際試合で好ゲームが展開されることの方が競技の健全な普及発展につながることでしょう。
つい先日行われた女子野球アジアカップでは、日本代表チームが圧倒的な強さを見せて連覇を果たしました。
http://www.japan-baseball.jp/jp/team/woman/2019/asianchampionship/overview.html
嬉しいことではありますが、女子野球においてはまだまだ国際的な普及が遅れているということでもあります。
 かつての日本プロ野球のように「巨人V9時代」のようなことは今後はまず考えられないでしょう。セ・パとも実力が拮抗するようになったからこそプロ野球全体の観客動員数が着実に増えています。
 どの分野においても「実力拮抗」が競技発展の鍵を握っているのではないでしょうか。






posted by GM at 04:04| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

五輪へ準備

 プレミア12優勝の余韻も冷めやらぬところですが、次は東京オリンピックに向けての準備です。今回の代表メンバーが中心になるようですが、ベンチ入りできるのはプレミア12より4人少ない24人。チーム編成から戦いは始まります。もっといえば日本野球界がこれまで培ってきたものが世界の中で試される場。大会本番の結果はそれまでの準備にかかっています。
 仕事でも「準備が8割あと2割」、「段取り八分・仕事二分」などと言われます。「準備が8割、はったり2割」と言う先輩もいました(笑)
 我々も目標達成のため、日常生活を含めた日頃からの準備を怠らず、さらにより良い準備ができるよう高めていかなければいけません。







posted by GM at 07:39| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

重圧

 プレミア12で日本が優勝。韓国にいきなり3点を先制される展開でしたが、すかさず反撃。継投も的確で無難に逃げ切りました。
 試合終了直後、稲葉監督は男泣き。勝利の感激もあるかと思いますが、重圧から解放されたことによるものも大きかったのではないでしょうか。
 国際大会で国の代表チームを率いて戦う重圧は我々には計り知れません。その分、それを乗り越えての勝利は格別でしょう。



posted by GM at 07:42| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

白樺・帯広

 明治神宮大会、高校の部では北海道代表の白樺が東京の国士館に4-3で勝利。前日に行われた大学の部、北海道代表の東海大札幌に続きました。
 白樺学園がある帯広も野球の盛んな土地です。マチにも活気があり、地元愛が強い地域というイメージがあります。
 社会人野球の「札幌倶楽部」を退団後、縁あって「帯広倶楽部」立ち上げの依頼を受け、仕事を終えた17時頃から真冬の日勝峠を通り、車で何度も日帰りで帯広へ通ったことを思い出します。十勝地方には素質ある選手がたくさんいるので「帯広倶楽部」にも頑張って欲しいですね。
http://shirakaba.ac.jp/
https://obihiroclub89.wixsite.com/obihiroclub1997



posted by GM at 06:41| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

東海大札幌キャンパス

東海大学札幌キャンパス硬式野球部は秋の大学野球日本一を競う明治神宮大会に出場。
初日に大阪商業大学と対戦して2-0で勝利を収めました。
東海大学はホーネッツの宮越監督、岩原コーチの他、選手にも縁の深い大学です。大学日本一に向かいさらなる躍進を願います。

https://www.u-tokai.ac.jp/about/campus/sapporo/news/detail/post_1564.html








posted by GM at 07:58| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

女子プロリーグ

 日本サッカー協会は11/14に東京都内で理事会を開き、2021年開幕の女子プロリーグを新設することを決めました。6〜8クラブを想定している模様。現在の国内トップリーグのなでしこリーグはアマチュアとして存続させるとのことです。
 いよいよ女子サッカーもプロ化ですね。女子野球でもプロリーグはあるものの、民間企業1社による独占運営で、アマチュア団体との連携も取れていないため、諸々の問題が発生しています。先日の大量退団もその一つ。
 サッカー協会のように一枚岩になって健全で明確な理念と方針のもとに発展させていく方法は無いのでしょうか。







posted by GM at 07:57| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

メキシコ

 プレミア12スーパーラウンドで日本はここまで全勝のメキシコを破り3勝1敗で並びました。メキシコと言えばルチャリブレ。かつては野球が強いというイメージはありませんでしたが近年は野球の実力もかなり高いようですね。
 世界各国に野球が広まり、それぞれの実力が高まることは良いことです。サッカーやラグビーのワールドカップのように国際大会が盛り上がるといいですね。


posted by GM at 04:49| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

変則投手

 プレミア12で侍ジャパンが初黒星。アメリカの変則投手にてこずった感があります。世界各国には意外と横手投げなど変則的な投げ方をする投手が多いですね。初対戦で攻略するのはなかなか難しことでしょう。
 日本の投手に多いきれいなストレートは少なく、ツーシームなどストレートでもクセのあるボールがほとんどです。海外に渡った日本人野手が苦労する理由の一つはそこにもあるのではないでしょうか。
 逆を言えば変則的な投げ方やクセのあるボールを使いこなす日本人投手がもっと増えてもいいのかもしれませんね。








 
posted by GM at 05:04| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

長打・足攻・選球眼

 プレミア12、日本vsオーストラリアは日本が追う展開の中で鈴木選手のホームランで迫り、周東選手の足で追いつき、最後は走者1・2塁から近藤選手、浅村選手が2者連続四球を選び逆転。少ない得点で僅差の勝利でしたが、得点に必要な要素が高いレベルで凝縮された見応えある試合でした。


posted by GM at 05:49| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

NPO

 ホーネッツは野球界で初めてNPOが運営するというスタイルを選びました。NPOとはNon Profit Organizationの略で、非営利で社会貢献活動や慈善活動を行う市民団体のことです。先日、役員会で今一度このスタイルを選んだ意味を見つめ直し、今後の活動方針を明確にすることでまとまりました。具体的なプランは来年3月の総会までにまとめることになりますが、停滞気味の状況を変えるきっかけになることでしょう。



posted by GM at 05:31| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする