2019年10月20日

野球消滅

 「野球消滅」というタイトルの本を読みました。いろいろなところで野球人口の減少について危機感を訴える人がいる一方、「たいした問題ではない」と一笑に付する人もいます。楽天的なことは良いことですが、それだけでは危機を乗り越えることはできません。「悲観的に準備して楽観的に事にあたる」ことが必要で、最初から最後までただただ楽天的では危機に飲み込まれます。
 野球が無くなっても生活に困ったり社会が崩壊するわけでは無いと言えばそれまでですが、野球に携わり、野球によって育まれ、野球から多くのものを学び、得てきた者としては野球の存続と発展を願わないわけにはいきません。
 何かしら貢献できる方法を考えたいと思います。






posted by GM at 06:11| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする