2019年08月22日

優勝・準優勝

 いよいよ決勝。甲子園で履正社と星稜が優勝をかけて戦います。
 どちらも素晴らしいチーム。決勝まで勝ち進んだことだけでも称賛に値しますが、優勝と準優勝の差が大きいのも事実。
 私は現役時代の1990年、クラブ選手権で本大会に初出場で勢いに乗って決勝に進出。あと一歩で初出場初優勝というところでしたが、一歩届かず準優勝に終わりました。決勝まで進めた充実感もありましたが優勝を逃した悔しさも日に日に募るもの。
 札幌ホーネッツを創部し、監督として迎えた3年目。公言したとおり3年以内での全国大会出場を果たし、クラブ選手権本大会初出場にあたり考えたことは優勝を狙い組み立てること。練習を積み重ね、チームの意志を統一し、情報を収集し、知恵を絞り、はじめから優勝を目指してプランを立てて挑みました。実力的には未熟な部分が多いチームでしたが一戦一戦、ギリギリの戦いを制し、ツキもあり、決勝へ進出。決勝戦の相手は私が現役時代に決勝戦で戦った相手と同じ静岡硬式野球倶楽部。因縁ですね。プラン通り初出場初優勝を果たした時の充実感は準優勝の時とは比べものにならないものでした。
 これから始まる社会人野球クラブ選手権本大会に11年ぶりに出場する札幌ホーネッツも優勝を目指し、全力を尽くしてくれることでしょう。期待して見守り応援しましょう。

http://www.jaba.or.jp/taikai/2019/zennnihonclub/pdf/44.pdf
http://www.jaba.or.jp/taikai/old/03jaba/clubtaikai/honsen/




posted by GM at 06:07| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

好投手攻略

 星稜の奥川投手のように圧倒的な力を持った投手がいるチームと対戦する場合、相手が不調で本来の力が発揮できないような場合を除き、無策で立ち向かうと攻略は難しいでしょう。現在のようにある休養日が組み込まれた日程であれば不調となる可能性は下がり、ますます対策が重要になります。決勝戦で履正社がどのような戦いを見せてくれるのか。楽しみですね。
 社会人野球のクラブ選手権本大会も目前。本大会に出場する各チームには必ず柱となる好投手がいるはずです。充分に対策をして攻略、勝利して欲しいですね。




posted by GM at 07:44| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

スポーツ合宿

 道東のマチに来ています。地方には広々とした立派なスポーツ施設がたくさんありますね。合宿は集中的にチームを強化するのに良いでしょう。
 ホーネッツも年に一度くらいは合宿ができるような体制にしたいですね。






posted by GM at 07:23| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

長打力

 甲子園での試合を見ていると打者の長打力がすさまじいなと感じます。金属バットを使用しているということもありますが、選手の体格が良くスイングスピードも速い。打撃に関する考え方も以前とは変わってきているのではないでしょうか。
 スモールベースボールに磨きをかけることも大切ですが、長打力も意識して獲得することが可能で戦力アップには大きく寄与するものだと思います。



posted by GM at 02:56| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

三振

 星稜の奥川投手が23奪三振。1試合を27球で終わらせる投球が理想という考え方もありますが、三振を取れる投手は強く魅力的です。スピード、キレ、コントロール、多彩な球種など、いろいろな要素があり、各投手それぞれのスタイルがあるかと思いますが、一つ一つ磨きをかけて魅力的な投手になる努力をして欲しいですね。



posted by GM at 08:38| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

クラブ選手権

 お盆休みも終盤。8月26日から、いよいよ11年ぶりのクラブ選手権本大会です。クラブチームとはいえ本大会に出場するチームは都市対抗出場歴もあるような強豪チームがひしめきます。一つ一つ全力を尽くし駆け上がって欲しいですね。

http://www.jaba.or.jp/taikai/2019/zennnihonclub/pdf/44.pdf



posted by GM at 09:07| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

尚美学園大学

 第15回全日本女子硬式野球選手権大会は尚美学園大学の5年ぶり5回目の優勝で幕を閉じました。
 全国で最初に大学女子硬式野球部を創設した尚美学園大学は当初から元プロ野球選手である新谷監督(西武〜日本ハム)のもと、常に優勝を争う強力なチームで、この大会での優勝こそ5年ぶりですが昨年、一昨年は準優勝。女子野球界をけん引しているチームです。
 今大会では元女子プロ野球選手や元日本代表チームのメンバーなどを揃えた新興クラブチームのハナマウイ(東京)やエイジェック(栃木)なども優勝候補とみられていましたが、尚美学園は準決勝でエイジェックを破り、大学チーム同士の対決となった決勝で日本大学国際関係学部を破り見事に優勝を果たしました。
 ホーネッツもいつかまた尚美学園大学との対戦で勝利を収めることができるよう、一つの目標として頑張りましょう。




 
posted by GM at 06:56| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

情報

 大型の台風10号が四国に上陸。当初、本日が全日本女子硬式野球選手権大会の決勝戦というスケジュールでしたが、数日前より台風の情報があったため、日程を繰り上げて昨日、準決勝と決勝を続けて行い全試合を無事終了しました。
 大会運営スタッフも予定を繰り上げて四国を脱出する者、延泊して台風が去った後に移動する者と別れました。私は繰上げ脱出組に入り、昨日午後からレンタカーで松山から尼崎泊を経て羽田に移動。無事帰宅することができました。
 最近の天気予報はかなり正確で、予報に基づき昨日の試合開始時間も予定より30分繰り上げたため、雨に当たらず決勝戦まで消化することができました。帰りの陸路もカーナビやスマホの交通情報などを基にルートを選択。ほとんど渋滞に巻き込まれることなく順調に移動することができました。
 同じようなことが野球にも言えます。技術的な情報、相手チームの情報など、様々な情報が容易に入手できる時代です。肝心なのは情報収集の努力と分析力そしてそれをどう活用するか。ただ漠然と情報を眺めても目的や目標の達成にはつながりません。



posted by GM at 16:57| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

松山中央公園

 愛媛県松山市の松山中央公園。坊っちゃんスタジアムとマドンナスタジアムの2球場の他、プールや武道館、テニスコートなどを備えた素晴らしい公園です。北海道で言えば野幌総合運動公園のようなイメージ。しかし大きな違いはメンテナンスが行き利便性も高く、活気があるという感じがします。
 公共交通機関で行くこともでき、野球に関しては屋内練習場もあり、照明が2つの球場に付いています。
 北海道にもこのような施設があるといいですね。

http://www.cul-spo.or.jp/centralpark/
posted by GM at 05:53| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

試合時間

 野球の試合時間が長いことが度々、問題として挙げられます。投手交代が多くなったり、サイン交換に時間がかかったり、いろいろ要因がありますが、野球界をあげて時間短縮の努力が必要です。
 目の前の勝ち負けにこだわると何かと時間を要することはありますが、競技の普及発展のためには競技自体の魅力を高めることが第一です。テンポとスピード感あるプレー、試合を心掛けたいものです。






posted by GM at 06:15| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする