2019年05月02日

目指すもの

 仕事に追われながらクラブチームの理想を求め思いつくままいろいろな人と共同してことを進めてきたため、自分自身がやや迷走気味になりつつあると反省しています。
 稀に見る連休で少しゆっくり考え整理する時間がありましたので、あらためてクラブとして目指すものが何か、備忘録という意味も込めて記述しておきたいと思います。
 スタートは社会人野球において「強いクラブチームを創りたい」というシンプルなものでした。自分の現役時代、寝る間を惜しんで頑張った結果二度、企業チームに勝つことができましたが、五強と言われたチームにはまったく歯が立たない。その壁を越えたいと思っている中、次々と企業チームが休廃部。「これからはクラブチームが頑張れ」と言われてもかつての社会人野球のレベルには及ばない。
 やはり環境づくりが重要と思い、多くの人、地域に支えられるクラブにしようとNPO法人という形をつくり、社会人野球だけでなく、女子、子供、レクリエーション層も含めて普及活動を行うことにしました。
 その理念に沿って女子クラブチームを創設、キッズスクールの開始、外部への普及活動(高校、大学女子野球部創設など)を実施。普及活動が進んだ半面、トップチームの強化が不充分に。
 札幌ホーネッツとホーネッツ・レディースは男女のアマ最高峰チームとして多くの人に感動や夢、勇気を与え、憧れや尊敬の対象となり、その選手やスタッフは社会人として良きロールモデルとなること。
 ホーネッツ・キッズなど普及事業においては野球やスポーツの楽しさを伝え、競技の普及と心身の健全な発達に寄与すること。
 まだ手を着けられる段階ではありませんが、生涯スポーツとして良き仲間と厚く交流を深める機会を創造し、心身の健康を長く維持することに寄与すること。
 野球を中心としたスポーツによって夢、希望、感動、心身の健康、地域の活力などに貢献する、社会的に価値あるクラブにしたいと思います。


posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする