2019年05月31日

人手不足

 どの業界も人手不足に悩んでいます。また社会全般で少子高齢化が進んでいます。それは野球業界も同じ。
 社会人野球の都市対抗北海道地区予選が行われていますが、公式記録員が足りません。依頼を受け、久しぶりにお手伝いに行くこととなりました。本業や女子硬式野球北海道大会の準備、札幌国際大学女子硬式野球部創設のお手伝いなど、なかなか多忙な時期なのですが、いつもお世話になっている連盟の方からの依頼ですのでお断りするわけにはいきません。女子硬式野球北海道大会(スイートデコレーションカップ)でも社会人野球の公式記録員の方々にお世話になります。
 北海道社会人野球(日本野球連盟北海道地区連盟)の公式記録員の顔ぶれを見ると20年前とほぼ同じ。誰にでもできるというものでもありませんので難しいところですが、審判員や記録員など裏方の人材を育成することも必要ですね。

日本野球連盟北海道地区連盟
http://www.jaba-hokkaido.ne.jp/




posted by GM at 05:31| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

進路

 札幌国際大学と駒大苫小牧高が女子硬式野球部の創設を発表。高校3年生、中学3年生にとっては進路を考えるこれからの時期、野球を続けたいと思う選手にとっては新たな選択肢が増えたことは喜ばしいことでしょう。
 男子大学生野球部員は春のリーグ戦を終え、4年生は就職活動を本格的に開始するのか、秋のリーグ戦まで競技を続けるのか選択を迫られる時期。ある大学の関係者によると秋まで競技を続けるのは3割程度で他は就職活動にシフトするそうです。硬式軟式含めて野球だけで就職が決まることも多かった時代もありますが、その門戸はかなり狭くなったようです。社会人野球の企業チームが激減したこともその一因でしょう。
 近年は独立リーグへ進む選手も増えましたが、独立リーグもプロとはいえ、それだけで「食える」世界ではありません。スポーツで「食える」世界をもっと広めなければいけません。クラブチームがその一翼を担えるよう頑張りましょう。






posted by GM at 05:22| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

軟式野球

 我々は硬式野球を中心に活動していますが、軟式野球関係者との連携も欠かせません。競技人口の拡大も軟式野球抜きでは考えられないでしょう。少年少女野球や生涯スポーツとしての野球は硬式よりも軟式の方が圧倒的に参加人口が多いことでしょう。
 硬式野球に限れば野球をする場所が足りないと感じますが、軟式野球であれば使える野球場がかなりあることに気が付きます。また、軟式でも競技レベルがかなり高い選手やチーム、大会の存在も見逃せません。
 使うボールが違っても同じ野球。連携を密にして競技の普及と発展につなげていきましょう。


posted by GM at 05:17| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

札幌国際大学 女子硬式野球部

 先般発表されたとおり2020年に札幌国際大学に女子硬式野球部が創設されます。女子アスリートの活躍の場が広がることは喜ばしいですね。
 全国的な広がりとレベルアップのスピードに水をあけられつつあった北海道女子硬式野球界。一昨年にできた札幌新陽高校女子硬式野球部、そして今回の札幌国際大学、さらについ先日、駒大苫小牧高校かも2020年の女子硬式野球部創設が発表され、北海道の女子硬式野球人口が増え、全国のレベルに追いつくことができるでしょうか。これからが楽しみです。潜在的に眠っていた女子野球経験者や野球をやってみたいという女子アスリートが各チームに入部して活躍することを心から願います。

札幌国際大学 http://www.siu.ac.jp/

駒大苫小牧高校 http://www.komazawa-uth.ed.jp/

posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

ケガ

 「スポーツをしていればケガはつきもの、仕方がない」といわれることもあります。しかしケガで実力が発揮できない、まして競技を続けられないというほど悲しいことはありません。
 避けられないアクシデントによるケガもありますが、避けることができるケガも少なくないでしょう。不注意、不摂生、油断、トレーニング不足、準備不足、オーバーユースなどによるケガは無くせるでしょうし無くしたいものです。
 指導者も勝ち負けよりもまず選手の安全を第一に考えるようにしたいですね。



posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする