2019年04月20日

ホーネッツ・

 小学生世代を対象に活動しているホーネッツ・キッズ。担当の岡村コーチが地道に実績をつくってきました。
 ここから育った選手が札幌ホーネッツやホーネッツ・レディース、プロ、日本代表などで活躍する日が来るといいですね。
 また、野球で活躍しなくとも、ホーネッツ・キッズでの経験により、心身ともに健全に育ち、社会の中で活躍したり、幸せな人生を送ってくれればそれでいいでしょう。
 そろそろこの事業の拡大にも力を入れたいですね。これまで岡村コーチ任せでしたが、より多くの人の力を借りて、より多く子供たちに参加してもらえる仕組みをつくっていきましょう。
http://hornets.jp/hornets-kids/





posted by GM at 07:40| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

男女均等

 全国的に女子硬式野球部の新設が相次いでいます。これまで野球、特に硬式野球は男子のスポーツという見方が強く、女子選手の参加が進みませんでした。しかし最近はその壁がなくなり、一気に女子への普及が進みだしています。
 道外では男子野球部の強豪校が女子の野球部を創設するケースが多くみられます。女子硬式野球黎明期からある埼玉栄高校、花咲徳栄高校、神村学園や新しいところでは作新学院、履正社、神戸弘陵、大体大浪商、京都外大西など。
 強く伝統のある野球部のユニフォームを男子と同じように着てプレーしたいと思う女子プレーヤーは少なくないようです。北海道にもこの流れがやって来るでしょう。

女子硬式野球部がある高校
http://www.jhgbf.org/jhgbf_kameikou/



posted by GM at 05:36| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

次の課題

 札幌国際大学に女子硬式野球部ができますが、各年代まだまだ男子と比べて競技人口は少ないのが事実です。札幌国際大学は札幌新陽高校女子硬式野球部1期生の卒業年度に照準を合わせて女子硬式野球部を発足しますが、札幌新陽高校女子硬式野球部には道外から来ている選手も多く、卒業生のうち何人が札幌国際大学への進学を希望するか、過大な期待はできないでしょう。
 札幌新陽高校のように発足初年度から爆発的なスタートは切れないかもしれませんが、堅実なチーム運営と地道で良質な指導をベースにして長期的な展望を持って発展させていただければと願います。
 道内の高校に2番目の女子硬式野球部ができる日は近いでしょう。今後、我々はその下の小中学生や未就学世代への普及活動に力を注ぐ必要があります。















posted by GM at 06:02| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

札幌国際大学

 札幌国際大学が2020年に女子硬式野球部を創設することが公表されました。札幌新陽高校の時のように派手な報道ではありませんでしたが、北海道初の大学女子硬式野球部ですのでこれから注目されることでしょう。北海道の優秀な女子選手が集まり、北海道の代表として大学選手権などで活躍する姿を見たいですね。また、ここから女子プロ野球選手や日本代表メンバーとなりワールドカップで活躍選手する選手が生まれることに期待します。
http://www.siu.ac.jp/


posted by GM at 05:52| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

門を叩く、叩き続ける

「求めよ、さらば与えられん。尋ねよ、さらば見出さん。門を叩け、さらば開かれん」と新訳聖書にあるそうです。
「想いは叶う」という言葉もあります。
 ただ、想うだけでは何も起こらないのも事実。行動し、行動し続けなければいけません。それだけ「強く想う」ことが必要。
 ようやく北海道の大学に女子硬式野球部ができます。門を叩き続けて腕が折れそうです。多くの関係者の協力で、これからの創部を成功させて欲しいですね。


posted by GM at 05:43| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする