2019年04月30日

38,391人

 昨日の札幌ドーム、北海道日本ハムファイターズと福岡ソフトバンクホークスの試合の観衆は38,391人。私が現在借りている事務所の駐車場は札幌ドームイベント時には有料駐車場≪http://aritaparking.jp/≫として営業していてファイターズ戦の日には200台以上あるスペースが満車になり、近くのコンビニも大いに賑わいます。
 学生時代、円山球場で行われた日ハム戦でジュース売りのアルバイトをしたことがありますが、当時は来場者の顔をすべて覚えらるほどの状態でした。良い意味で隔世の感ですね。
 札幌ホーネッツやホーネッツ・レディースも試合にたくさんの方が見に来てくれるようなチームにしなければいけません。アマチュアのチームではありますが、選手たちがただ単に自分の趣味として楽しむためにプレーするためのチームではないということを理解、意識する必要があります。
 趣味として楽しむためにプレーする野球もあり、それはそれで素晴らしいことですが、札幌ホーネッツとホーネッツ・レディースの目的はそれとは違うということを今一度、徹底して欲しいですね。





posted by GM at 06:27| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

室蘭・地域に根付く

 長男に会いに室蘭へ行きました。室蘭と言えば室蘭シャークス。かつての五強、新日鉄室蘭の流れを汲む強豪チームです。バックアップする企業は合併等により新日鉄から新日鉄住金、日本製鉄と社名を変えていますがシャークスを支援する姿勢は変わらないようです。それだけ地元室蘭に根付き、価値を認められているチームなのでしょう。
 都市対抗野球を目指す社会人野球では地域に根差し地域の支援をいただくということが重要。札幌ホーネッツはまだまだ札幌という地域に根差し地域から大きな支援を受けているといえる状況ではないのでしょう。地域にとって、社会人野球界にとって価値が高いと認められるチームとして、より広くより深い地域との関係を構築していかなければ都市対抗の代表にはなれません。



posted by GM at 08:03| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

施設

 新しくなった札幌市の中央体育館「北ガスアリーナ札幌46」が開館しました。「箱物行政」というと負のイメージがありますが、スポーツ施設はまだまだ不十分。公共のスポーツ施設もまだ足りないと思います。札幌ドームができてプロ野球球団が北海道に根付き、スポーツ以外にもコンサートなどに活用され地域が大きく変わりました。
 また、公共施設だけでなく、稼げるスポーツ施設ももっと増やしていくべきでしょう。そういう意味では北海道日本ハムファイターズが自前でボールパークを建設することには大きな意義があり、これからの展開がとても楽しみです。
 かねがね感じていたことがあります。各地で豪華絢爛なパチンコ店や立派な宗教施設ができるのを見るたび、どうして同じようにスポーツ施設はできないものだろうかと。
 北広島にできるボールパークをきっかけに、どんどんスポーツインフラが拡がることを期待するとともに、我々もその一翼を担えるようになりたいと考えています。











 



posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

10連休

 長大型連休の始まりです。また、平成から令和に変わる歴史的な日を迎える週間でもあります。連休と言っても野球関係者にとっては書き入れ時。練習や試合経験を積み上げる10日間。社会人野球では都市対抗の予選も間近。最後の追い込みです。最大の目標である都市対抗に向けてしっかり準備をしたいところです。





posted by GM at 06:56| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

地域活性化

 北海道ベースボールアカデミーが準備を進める独立リーグ「北海道ベースボールリーグ」に所属する2球団は富良野市と美唄市を拠点とすることが明らかになりました。人口減少、少子高齢化、若者の流出などの問題を抱える地方のマチを活性化することができるといいですね。
posted by GM at 06:30| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

苫小牧

 今年8月、苫小牧に女子プロ野球の4球団が集結します。ティアラカップ2019北海道大会。
https://www.jwbl.jp/schedule/?team_id=0&ym=201908
 苫小牧はかつて社会人野球の名門、王子製紙苫小牧野球部が五強の一角として大きな存在感を示し、高校野球では駒大苫小牧が北海道勢として初めて甲子園で優勝。野球熱が非常に高いマチです。
 社会人野球の王子製紙苫小牧はすでに廃部となり、駒大苫小牧高校も最近は札幌勢などにやや押され気味ですが、熱が冷めたわけではありません。再び野球が苫小牧のマチに活気をもたらすことでしょう。










posted by GM at 06:03| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

心を高める

 「盛和塾」という勉強会に参加しています。「盛和塾」は京セラ創業者である稲盛和夫氏を塾長とする経営者の団体。野球とは直接関係はありませんが、何ごとも心を高め、人格を磨くことが成功への条件。
 競技として真剣に野球に取り組むのも、ただ野球の技術や体力を高めるのではなく、野球を通じて人格を磨くことが一つの大きな目的です。

https://seiwajyuku.gr.jp/index.html




posted by GM at 06:20| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

記者会見

 札幌国際大学女子硬式野球部の創設について、大学の公式記者会見が開かれました。私も「アドバイザー」(ちょっと怪しい響きですね)として出席させていただきました。
 思いのほか(といっては失礼ですが)新聞社やテレビ局など、多くの方が取材に訪れ、質問も活発に飛んでいました。北海道初の大学女子硬式野球部ということでやはり注目度は高いのでしょう。しかしこれがゴールではありません。7年かかってようやくスタートラインに立てましたが、ここからが勝負。普及と強化にも協力して参りましょう。
posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

普及活動

 ホーネッツ・キッズの活動を視察しました。小学生が楽しそうに活動している様子が印象的でした。
 これまで岡村コーチに任せきりでしたが、事業を拡大するためには他のコーチの採用や育成も必要になるでしょう。
 岡村コーチが作り上げたノウハウを生かし、より多くの子供たちに野球の楽しさを広めたいですね。





posted by GM at 06:13| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

ネームバリューに頼らず

 札幌国際大学に女子硬式野球部ができます。監督には阿南浩司准教授が就く予定。「元プロ野球選手」とか「元日本代表選手」「甲子園出場経験」など派手なネームバリューはありませんが、高校の教員や民間企業での勤務などいろいろな経験を積み、野球に関わる研究に地道に取り組んでいる誠実な人物です。最初は選手集めに苦労するかもしれませんが、堅実なチーム運営と質の高い指導で良いチームを創り、競技の普及と発展に貢献してくれると信じています。

阿南氏プロフィール
http://www.siu.ac.jp/01sougou/kyouin/kyouin_intro/4212.html






posted by GM at 09:43| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする