2019年03月01日

わいせつ

 札幌のミニバス指導者が強制わいせつの容疑で逮捕された事件。本人は自分の行為が「わいせつ」なことだとは思っていなかったのでしょう。少し前までなら「この程度のことで」と思う人も多かったのではないでしょうか。立場や感性によって受け止め方、感じ方は千差万別。社会通念も時代とともに変わります。指導者にはより細やかな配慮が求められる時代です。
 セクハラ、パワハラと言われるような行為はスポーツ指導の現場においてもまだまだたくさんあるのが実情ではないでしょうか。
 指導者自身の意識改革が必要であるとともに、各競技団体等による指導者の教育研修システムの整備も必要ではないでしょうか。




posted by GM at 06:05| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする