2019年02月09日

野獣・闘争心

 女子柔道のメダリスト、松本薫さんが現役引退を表明しました。子供が生まれ、優しさが前面に出るようになると激しい闘争心をむき出しにするのは難しいことでしょう。ステージが変わってもそれはそれで幸せなことだと思います。
 競技スポーツにおいては松本さんのように野獣と呼ばれるような闘争心は不可欠です。私が初めて社会人野球のクラブチームに入ったのは「札幌野人クラブ」。「野球人」という意味だったそうですが友人からは「野蛮人クラブ」と揶揄されました。実際、荒くれ者が多く、マイカーの屋根を鋸で切断してオープンカーにしたり、試合で相手をやじり倒したり、外見が暴力団風だったりと、未成年だった私は最初の頃、ビクビクしながら練習に参加していました。その分、闘争心ではどのチームにも負けなかったのは確かです。もちろんルールやフェアプレーの精神は守らなければいけませんが、闘争心が無ければ勝つことはできません。その後、札幌野人クラブはチーム名を変更しましたが、溢れる闘争心を受け継ぎ、全国大会で準優勝し、公式戦で企業チームにも2勝しました。技術では劣っていましたが激しい闘争心で勝ったのは間違いありません。
 ホーネッツも激しい闘争心を持って目標の達成に向かって欲しいと思います。



posted by GM at 06:14| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする