2019年02月18日

合宿

 札幌大谷高校野球部は鹿児島で合宿。第二次合宿は和歌山だそうです。社会人のクラブチームになると長期間の合宿は現実的ではなく、短期間であっても日程調整や費用負担など難しい課題はありますが、シーズン前に集中して練習することやチーム内のコミュニケーションを深め一体感を醸成するために合宿を敢行したいところです。
 札幌ホーネッツは創部19年目を迎えるところですが、「都市対抗本大会出場が目標」というには実力不足であることは否めません。
 また女子のホーネッツ・レディースも「女子野球日本一」を目標としていますが、全国各チームのレベルが上がっていく中で、むしろ実力の差が開いてきているように感じます。
 合宿だけが解決策ではありませんが、現状の取り組み方のままでは限界が見えていることは確かです。







posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

大学経営

 大学も経営難の時代。当然ですが少子化の影響は避けられません。国公立大学でも生き残りをかけて経営統合を図るなど、大学経営は難しい局面にあります。ましてや地方の私立大学などは何らかの策を取らなければ存続が危ぶまれるところも少なくないでしょう。
 大学女子硬式野球部はまだ全国的に少数。もちろんそれだけが救世主になるということはありませんが、取り組む価値はあるのではないでしょうか。
 特に北海道にはまだ大学女子野球部がありません。札幌新陽高校が成功したように、大学でも「北海道初」「北海道唯一」の大学女子野球部という先行者利益は必ずあるでしょう。



posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

影響力を受けました

 連日、池江選手の話題になりますが、さっそく骨髄バンクにドナー登録をしました。年齢制限ぎりぎりでお役に立てる確率はわずかですが、何もしないよりは良いでしょう。このきっかけが無ければ、献血のついでにドナー登録できることすら知りませんでした。昔から献血を趣味のようにしていたので数年前まではドクターストップ(年間の限度回数により)をかけられるほどでしたが、最近は多忙となり足が遠のいていました。アスリートの影響力が社会の改善に貢献し続けることを願います。

ドナーカード.jpg




posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

影響力

 競泳の池江璃花子選手が自ら白血病であることを公表してから骨髄バンクへのドナー登録希望者が急増しているそうです。アスリートの影響力は大きいですね。私もこの件をきっかけに知ったことがいくつもあります。白血病は私が思っていたよりもかなり高い確率で治る可能性があること。白血病にもいろいろなタイプがあること。ドナー登録には年齢制限があること(18歳以上54歳以下)など。がん保険や医療保険を取り扱う仕事をしていながらお恥ずかしい話ですが…
 アスリートの影響力は大きいということを認識し、良い影響を与えられるよう、人格を高める努力を続けましょう。ただ実際に影響力を持つのは「実力あるアスリート」。人格とともに実力を高める努力も忘れずに。

参考:骨髄バンク
https://www.jmdp.or.jp/



続きを読む
posted by GM at 08:18| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

健康

 競泳の池江璃花子選手が白血病であることを公表し大きな話題となっています。病気に打ち克って再び活躍されることを心から願います。
 普段は何気なく、健康であることが当たり前と思ってしまうのは誰しも同じでしょう。競技以前に健康で日常生活を送れることに感謝しなければいけません。避けることが難しい病気や事故もありますが、注意を払うことによって病気や事故などによるケガのリスクを大きく減らすことは可能です。アスリートが行う激しい運動や大きな負荷をかけるトレーニングは、ケガのリスクや免疫力の低下による罹患のリスクを高めるという側面があります。だからこそ日常生活も含めた自己管理が重要。適切な栄養と休養をとり、最新の注意を払えばケガや病気はかなりの確率で予防できます。健康について今一度考えましょう。
posted by GM at 08:43| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

指導者・生業

 野球の指導者になりたいと思っている人はたくさんいます。しかし野球の指導を生業とできる人は一握り。多くは教職の傍らだったりボランティアで指導しているのが現状です。クラブチームの指導者はほぼ皆ボランティアでしょう。選手はアマチュアであったとしても運営、指導の人材はプロとしなければ本当に強いクラブチームはできないと思います。








posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

体育振興会

 遅ればせながら昨夜は地域の体育振興会の新年会でした。札幌市では学校開放事業の一環として地域の体育振興会に特定の学校体育館の管理運営を委託しています。その体育館を利用するためには体育振興会に加入する必要があり、ホーネッツとしても冬季練習場所確保のため数年前に加入しました。現在はキッズの活動拠点として毎週日曜日に体育館を利用させていただいています。
 各地の学校体育館は主に生涯スポーツの活動拠点として利用されていますが、少年野球チームやサッカー少年団などもひしめき、特に冬場は思うように利用できないことも多いようです。スポーツ施設はまだまだ供給不足ですね。





posted by GM at 08:14| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

24時間

 昨年12月からエニタイムフィットネスの会員になりました。その前はエクサ―24の会員でした。商業施設などで深夜営業を見直そうという気運が高まる中、時代の流れに逆行するように24時間営業のフィットネスクラブやトレーニングジムが増加しています。健康志向の高まりやセキュリティ技術の進化、施設運営ノウハウの確立など要因はいろいろあるのでしょう。
 いずれにしてもクラブチームの選手にとっては好材料です。チーム全体での練習時間が限られる分、個人で取り組み可能なトレーニングや練習はそれぞれが時間をつくって取り組まなければ上位のチームには絶対に勝てません。もちろんお金をかけてフィットネスクラブ、トレーニングジムなど会員にならなくてもできることはたくさんあります。ただ、より質の高い練習やトレーニングを目指すのであればある程度の投資も必要でしょう。
 1日は24時間。時間はすべての人に平等に与えらえた限りある資源です。無駄なく有効に活用しなければクラブチームの勝利はありません。







posted by GM at 07:09| 北海道 ☔| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

ライバル

 小平奈緒選手の連勝が37で止められました。オーストリアの新鋭、バネッサ・ヘルツォークに敗れて2位。小平選手が欠場した3レースを制し、小平選手が出場した大会でもすべて2位に入ってきたヘルツォーク選手の勝利がフロックではないことは明らかです。連勝ストップは残念ですが、これがまた闘争心に火がつくきっかけとなれば良いでしょう。レベルアップ、モチベーションの向上にライバルの存在は重要です。
 かつて北海道の社会人野球が高いレベルにあったのは5強と呼ばれる企業チームの存在があったからこそ。5強が互いにライバルとして鎬を削り、その5強を目標に他のチームもレベルアップを図る。同じ状況は再現できないかもしれませんが、道内で強力なチームが複数存在し切磋琢磨して全国の頂点を狙えるレベルに到達する日が再び来ることを願います。




posted by GM at 10:58| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

野獣・闘争心

 女子柔道のメダリスト、松本薫さんが現役引退を表明しました。子供が生まれ、優しさが前面に出るようになると激しい闘争心をむき出しにするのは難しいことでしょう。ステージが変わってもそれはそれで幸せなことだと思います。
 競技スポーツにおいては松本さんのように野獣と呼ばれるような闘争心は不可欠です。私が初めて社会人野球のクラブチームに入ったのは「札幌野人クラブ」。「野球人」という意味だったそうですが友人からは「野蛮人クラブ」と揶揄されました。実際、荒くれ者が多く、マイカーの屋根を鋸で切断してオープンカーにしたり、試合で相手をやじり倒したり、外見が暴力団風だったりと、未成年だった私は最初の頃、ビクビクしながら練習に参加していました。その分、闘争心ではどのチームにも負けなかったのは確かです。もちろんルールやフェアプレーの精神は守らなければいけませんが、闘争心が無ければ勝つことはできません。その後、札幌野人クラブはチーム名を変更しましたが、溢れる闘争心を受け継ぎ、全国大会で準優勝し、公式戦で企業チームにも2勝しました。技術では劣っていましたが激しい闘争心で勝ったのは間違いありません。
 ホーネッツも激しい闘争心を持って目標の達成に向かって欲しいと思います。



posted by GM at 06:14| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする