2019年02月28日

捕手

 巨人の阿部選手が3年ぶりに捕手として実戦に出場とう記事がありました。西武から移籍の炭谷選手や実力を高めてきた小林選手と正捕手の座を争うことになるのでしょう。贅沢な競争ですね。ホーネッツでは男女ともに捕手不足。競争以前に人手不足の感が否めません。捕手のスカウトは重要な課題です。
 話はまったく変わりますが、新聞紙上では「読売」でもなく「ジャイアンツ」でもなく「巨人」と表記するのですね。「北海道日本ハムファイターズ」のように「地域名」+「スポンサー企業名」+「愛称」というチーム名が主流になりつつある中、巨人・阪神・中日は伝統的なチーム名を守っています。
 その中でも「巨人」はNPBの登録上では「読売ジャイアンツ」ですが、新聞紙上等では「巨人」と表記されています。阪神は昔「猛虎軍」と名乗っていましたが今や「猛虎」と言うことは無いでしょうし、中日も「辰」とは言いません。そう考えると読売ジャイアンツを「巨人」と言うのは独特ですね。







posted by GM at 05:15| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

バスケ躍進

 バスケットボールの男子日本代表が今年8月に中国で開催されるワールドカップへの出場を決めました。
 2017年11月から2018年2月にかけての1次予選4連敗からスタートしながらも、その後8連勝。21年ぶりに自力での出場権獲得です。
 国内リーグの分裂で混乱していた日本バスケットボール会を変えた川淵三郎氏の功績が大きいでしょう。Bリーグの創設や国籍変更選手による強化策など、強力なリーダーシップで日本バスケットボール会を改革。
 野球界は過去の成功体験の延長線上で考えるのではなく、サッカー界やバスケットボール界などから学ぶべきことがたくさんありそうですね。




posted by GM at 07:27| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

 我々の世代が野球で王選手といえば「世界の王」王貞治氏ですが、今は北海道日本ハムファイターズに入団した王柏融選手に期待が集まっています。かつて南海ホークスに、アメリカ人なのに何故か「王天上」という登録名の選手もいました。「王」とは素晴らしい名前ですね。王柏融には是非、日本でも三冠王、4割を目指し、ファイターズを優勝に導いて欲しいと思います。





posted by GM at 05:48| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

オープン戦

 プロ野球ではオープン戦が始まりました。この時期に野球の試合ができるのは良いですね。北海道ではまだまだ現地で野球の試合ができる状況ではありませんので「仕込み」の時間として、しっかり体力や技術を身につけましょう。雪解け後にはできるかぎり数多くのオープン戦を組み、実戦感覚をつかむとともに冬期の練習成果、成長度合いをはかり、足りないものを見つけて補完修正する作業が大切です。
 特に社会人野球は都市対抗予選までの日数が少ないので急ピッチでチーム作りを進める必要があります。女子も7月の北海道大会、8月の全日本選手権などに向けて練習できる期間は半年を切っています。
 また、オープン戦が始まるとその分、練習に費やす時間が少なくなります。試合ができない今だからこそ、練習、トレーニングへの意識を高めて取り組みましょう。
posted by GM at 08:37| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

333億

 パドレスはドジャースからFAになったマニー・マチャド内野手を10年契約で獲得。球団公式サイトによると総額3億ドル(約333億円)の契約だそうです。桁外れですね。
 MLBではこの他にも大型契約、高額年俸の選手がたくさんいます。これだけのお金が動くのですからアメリカでのスポーツビジネスは本当にすごいですね。
 日本も政府がスポーツビジネスを有望産業ととらえ、GDPを5.5兆円から15兆円にしようとしています。野球に限った話ではありませんが、「スポーツで食える人」が増えるといいですね。








posted by GM at 08:36| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする