2019年01月18日

高校野球部員減少

 北海道新聞の記事に「札幌市支部の高校野球部員が減少」とありました。札幌支部に限らずかなり前から指摘されてきたことです。現象が特に顕著になってきたからでしょうか。全国的に減少傾向は同じようで少子化のペースを上回るペースで野球人口が減っているようです。強豪校には相変わらず多くの部員が集まるので危機感が高まらないのでしょうか。少子化に加えて他の競技の人気が高まったり、価値観の多様化でスポーツ以外のことに時間やお金を使うようになったこともあるでしょう。野球界自体でできる努力をしましょう。理不尽な上下関係や旧態依然とした指導方法の改善などやるべきことはたくさんあります。新聞記事にあるように「丸刈り」も一つの原因かもしれません。私の出身高校は公立高校でしたが、丸刈りは当たり前で、1年生は大会前に五厘刈り(普段は五分刈り)にするという伝統がありました。まず丸刈り(五分刈り)にするのが嫌で入部しない人がいて入部してから五厘刈りにするのが嫌で退部する人がいます。五厘刈りにした日にみんなで帽子を買いに行ったことを思い出します。どうしても五厘刈りにするのが嫌で「一分刈りにする」と言い張る者がいて「先輩にばれたら皆にヤキが入る」と言い争いになったことも。
 ともかく意味のない馬鹿げた慣習は無くして、好きな野球を楽しく続けられる環境にしていかなければいけませんね。


当時、私は何故かこんな帽子をチョイスしてしまいました。
真っ黒に日焼けした顔に筋肉質のごつい体、五厘刈りにこの帽子。
まるで妖怪人間ベムのようでした。嗚呼恥ずかしい。
165897_125437086133_2.jpg


posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(3) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする