2016年03月31日

年度末

 2015年度最終日。つい先日、正月を迎えたかとおもいきや、早3ヶ月が経過して年度の最終日になりました。年度替りは心機一転、メリハリをつけて行動するきっかけになります。すべての学校を卒業して社会人になると進級や卒業、進学など必然的に発生する環境の変化が少なくなるため惰性に流されがちです。自ら動き、自ら変化を起こさなければ進歩や成長は無い。今年はNPO法人北海道ベースボールクラブにとって大きな変化の年になります。これまで少しずつ歴史を積み重ねるのと引き換えに設立当初の勢いが落ちてきた感がありましたが、再び自ら自分たちの心に火を点け、情熱という炎を燃やして行動しましょう。

posted by GM at 05:56| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

オープン戦

 今年は雪解けが早く、グラウンドで練習やオープン戦を行う時期も早まりそうです。社会人クラブチームの場合、選手個々の仕事があるため長期の合宿や遠征がなかなかできません。そのためオープン戦も地元の社会人や大学のチームとの対戦がほとんどとなります。もともと諸般の事情でクラブチームが企業チームとオープン戦を組める機会は少ないのですが、道内の企業チームがJR北海道と航空自衛隊千歳のみとなっている現在、公式戦を含めても企業チームと対戦する機会が極端に少なくなっています。かつて5強といわれた企業チームやそれ以外の企業チームもたくさんあった時代にはクラブチームが企業チームから刺激を受けたり学ぶ機会が多くありました。やはり強いチームと対戦する機会が多いほどレベルアップするものでしょう。毎年、同じ顔ぶれで同じくらいの実力のチーム同士がオープン戦を繰り返しても大きな進歩につながりにくいものです。全国大会以外で道外遠征に出られない現状を考えると、道外からやってくる企業チームや強豪大学などとオープン戦を組む機会をつくることが一つの課題かと思います。


posted by GM at 04:46| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

選抜大会

 阪神甲子園球場で第88回選抜高校野球大会が開催され連日熱戦が繰り広げられています。その一方、埼玉県加須市民運動公園野球場では第17回全国高等学校女子硬式野球選抜大会が開催され、男子に劣らぬ熱戦が繰り広げられています。女子高校野球も既に17回目の大会になるんですね。
 ここ数年で全国に急激に増えた高校の女子野球部。他の競技もそうですが「女子にはこの競技は無理だ」という固定観念はなくなりつつあります。いずれは男子と同じ程度までに競技人口が増えていくでしょう。
女子高校野球試合速報 http://sports.wakasa.jp/girls/
全日本女子硬式野球連盟 http://www.girls-baseball.jp/
posted by GM at 06:04| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

高校生・部活動

 北海道の高校にはまだ女子の野球部がありません。中学校の部活動やクラブチームで野球を続けてきた女子選手は高校に進学する際どうするか。
・男子野球部にマネージャーとして入部する
・女子野球部のある学校(道外)に進学する
・他のスポーツに転向する
・引退
いろいろな選択肢がありますが、他の部活動や男子野球部のマネージャーをしながらホーネッツのようなクラブチームで活動するという選択肢もあります。我々としてはたくさんの女子選手に入部して打ち込んで欲しいのですが、毎日練習できる環境ではないので、学校の部活動との掛け持ちが許されるのであればそれも良いと思います。実際にこれまでもそのような形で取り組んできた選手もたくさんいますし、現在の所属選手もそのようにしている選手がいます。やはり学校の部活動で毎日練習した方がプラスになるでしょう。ホーネッツでは山崎まり選手http://www.jwbl.jp/astraia/player/detail/7が最初にその道を切り開きました。当時は初めてのケースで慎重に協議しましたが、札幌藻岩高校の関係者にはご理解、ご協力、ご指導をいただき感謝しております。その後はこのような取り組みに理解を示してくださる高校の監督さんも増え、ありがたいかぎりです。ただやはり一歩進んで北海道の高校に女子野球部ができ、ホーネッツと共存共栄することができれば北海道の女子選手の選択肢と活動の場が広がります。そして北海道の高校で実力を付けた選手が卒業後、ホーネッツで活躍できるようになれば北海道女子野球のレベルはさらに上がるでしょう。北海道の高校に女子野球部ができればいずれ北海道の大学にも女子野球部ができるでしょう。そうすればさらに良い循環ができるのではないでしょうか。一歩ずつ前進することが大切ですね。






posted by GM at 02:18| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

函館

 北海道新幹線が開業。函館地域の活性化に期待が集まっています。函館といえばオーシャン(函館太洋倶楽部)。設立からもうすぐ110年を迎える日本で最も歴史ある野球チームです。一時期の企業チームの隆盛やその後の新興クラブチームの台頭で近年はやや低迷気味のオーシャンですが、かつては都市対抗にも出場、クラブ選手権にも16回北海道代表として出場して2度準優勝に輝いています。私の現役時代、クラブ選手権の北海道地区予選は毎年、函館のオーシャンスタジアムで行われ函館遠征が楽しみでした。近隣に森倶楽部というチームもありましたが、森倶楽部は残念ながらその後、解散してしまいました。社会人野球も地域経済の影響を大きく受けます。北海道新幹線の開業を機にオーシャンも元気を取り戻してくれるといいですね。企業チームが激減し、数の上でクラブチーム中心になった北海道の社会人野球ですが、全体的なレベルや人気は企業チーム隆盛期に遠く及びません。各地のクラブチームが高いレベルで競い合って社会人野球が活性化することを願います。
オーシャン http://www2.ncv.ne.jp/~ocean100/


posted by GM at 08:30| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする