2020年08月07日

プロリーグ

 野球に限らず各スポーツ競技でプロリーグが随分と増えましたね。野球においては複数の独立リーグが存在し、北海道にも今年から新しいリーグができました。
 野球以外ではJリーグに始まり、Bリーグ、Vリーグ、Tリーグなどに続き、ラグビーや女子サッカーもプロ化に進んでいます。野球では約10年前から女子プロリーグも存在しています。
 「実業団」「企業チーム」といった形態は無くなるのでしょうか?
 野球界であれば社会人野球の存在意義はどうなっていくのでしょうか。
 脆弱なリーグだとしてもプロにはプロの良さがありますが、「毛色」が違うアマのトップリーグも無くてはならない存在だと思います。





posted by GM at 04:03| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

石狩レッドフェニックス

 明日、石狩市で独立リーグのプレシーズンマッチが行われるます。
 北海道の独立リーグに来季から参戦する石狩レッドフェニックス。レッドフェニックスが社会人野球ではなく、独立リーグへ参戦するのはなぜでしょう。選手は仕事をしながら野球をする点では社会人野球のクラブチームと変わらないと思いますが、独立リーグのチームとして活動する理由はどこにあるのでしょうか。その理由とメリット、デメリットを考察することがクラブチーム運営のヒントになるかもしれません。

https://i-red-phoenix.com/


posted by GM at 07:58| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

つまようじ

 コーチが選手の頭に何本もの爪楊枝を差したり、未成年の選手に飲酒を強要したりしていたことがニュースで報じられました。
 いわゆる「体育会系」ではそのくらいよくあることというのが一昔前の体質であったことは確かでしょう。あまりにも一般社会の常識とかけ離れた感覚です。そういうことは無くしていきたいですね。いい意味での「体育会系」の人材を育成できるよう、スポーツ界、指導者は心がけましょう。


posted by GM at 07:55| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

リーグ戦

 北海道に女子硬式野球チームが増え、4チームになりました。北海道内においてシーズンを通じて女子のリーグ戦を行う構想があります。札幌国際大学はまだ部員数が揃いませんが、来季には部員が増え、単独チームで参戦できることでしょう。
 伝統的に一発勝負のトーナメント戦が多かった日本の野球界ですが、近年はリーグ戦形式の大会も増えました。
 一発勝負のトーナメント戦では目先の勝利が最優先。そのため特定の選手ばかりの起用になりがちで、力のある選手には過度な負担をかけ、力の劣る選手にはチャンスが与えられないという弊害があります。それに対してリーグ戦は長期的な展望を持って選手育成のための起用もしやすく、全体的なレベルアップや選手の満足度向上に寄与するでしょう。
 負ければ終わりのトーナメント戦の緊張感と長期的展望で見られるリーグ戦をミックスして、各チームのレベルアップと野球自体の魅力向上を図りましょう。











posted by GM at 07:53| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

感謝・恩返し

 昨日、練習後のミーティングで一言、感謝と恩返しについて触れましたが、ちょうど昨夜の夜のTVドラマ「半沢直樹」の中でも同じ言葉が使われていました。仕事も野球も同じです。
 感謝の気持ちを持つと同時に何らかの形で恩人や社会に恩返しをすることが大切です。野球の場合、どのような形で恩返しできるのか。考え、実践しましょう。







posted by GM at 08:46| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

油断大敵

 感染症が再び拡大しています。ウイルスに対する危機感が薄らいできていることもあるでしょう。
 油断大敵。仮に自分が軽症で済んだとしてもチームや野球界として活動を自粛せざるを得ないでしょう。家族や職場などにも迷惑をかけることになります。感染防止に最大限の注意をはらって行動しましょう。



posted by GM at 07:10| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

野球界

 昨日は仕事先で野球の話で盛り上がりました。社会人野球の他のチームの方を仕事の用件で尋ねましたが、野球界のつながりの広さにあらためて感心しました。我々の世代は野球人口が多く、野球を通じて人とつながる機会が多かったと思います。
 自分自身にとってはこれからもそれは変わらないと思いますが、子供や若い世代の野球人口が減少している現状を考えると、野球を起点としていろいろな人と知り合い、交流し、良好な人間関係を拡げるということも伝え広めて行くことがNPOとしてクラブの使命の一つではないでしょうか。




posted by GM at 03:24| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

コミュニケーション

 クラブ役員、指導者、選手、選手の父母、賛助会員、その他にも大勢の関係者がいます。それぞれとのコミュニケーションは大切です。クラブ、チームに関わるすべての人が同じ方向を向き、相互理解と協力のうえで事業を行わなければ発展も強化も叶いません。
 いろいろな手段でコミュニケーションを深めましょう。






posted by GM at 02:00| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

HBL

 北海道ベースボールリーグ(HBL、北海道の独立リーグ)について北海道新聞で特集記事が掲載されています。
 記事によると選手は球団本拠地の地元企業で働きながら野球に取り組んでいるようなので、選手の立場からすれば社会人のクラブチームと変わらないようにも見えます。毎月、各自が野球以外の仕事で稼いだ給料の中から5万円をリーグに収めるそうですから、経済的負担はむしろクラブチームより大きいのかもしれません。
 しかし毎日のように野球に打ち込める環境と寮や仕事の斡旋などの恩恵があることは確かで、地域貢献につながっている部分も大きいことでしょう。
 一季目の今季は富良野と美唄の2球団でスタートしましたが、来季は石狩と砂川にも球団ができるとか。
 クラブチームの運営も独立リーグの運営から学べることがありそうです。







posted by GM at 07:50| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

職員

 NPO法人北海道ベースボールクラブには職員がいません。クラブ運営を専門とする人材が必要です。業務委託という形態を進めていますが、諸事情により停滞中。クラブ運営や指導を職とする人材の確保が今後の発展の鍵になります。少しずつですが前進します。


posted by GM at 07:26| 北海道 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする