2017年01月20日

ベースボールクリニック

 ベースボールクリニック2017年2月号にホーネッツに関する記事が掲載されました。是非、書店等で購入してご覧ください。今後のクラブの展望についてご理解いただけると思います。




posted by GM at 16:44| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

時間が無い?

 普通に勤務しながら競技に取り組むクラブチームの選手は練習時間を確保するのが難しいのは確かです。でも難しいかもしれませんができないことではない。企業チームと互角戦うためには、練習効率を高めることも考えなければいけませんが、練習量を増やすことも絶対に必要な条件です。
 「ただ、忙しい中でも開発や生産、販売の現場は歩いている。1日は短い。だが、時間が足りないと感じるのはまだまだ時間を有効活用しきれていないということでもあると思う。」(日本経済新聞・私の履歴書より)
 カルロス・ゴーン氏の言葉です。我々が「時間が無い」ことを言い訳にするのは恥ずかしいですね。



posted by GM at 06:46| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

人生は短い。

 「人生は短い。つまらないビールを飲んでいる時間など無い。」
 ある情報誌に載っていました。おそらくはどこかのビールメーカーのコピーらしいです。「おいしくないビールなんか飲んでないで、ウチのビールを飲んだ方がいいよ」ということだと推察されています。
 意味合いはやや異なるかもしれませんが、真面目に受け止めても良い言葉だと思います。
 人生は本当に短い。その中でも競技として頂点を目指して野球に取り組めるのはさらに短い期間です。ビールを飲むくらいの時間はあるかもしれませんが、他の事に多くの時間を浪費している暇はありません。仕事・野球(人によっては+家庭)とあって、それ以外の事に使う時間があるでしょうか?
 人生の中で野球選手として高いレベルで活躍できる期間は、もっとも遊びたい期間と重なるのは確かです。しかし、何かを得るためには何かを犠牲にしなければならない。「野球」と「遊び」。どちらを選びますか?


posted by GM at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

シュート

現ロッテ監督の伊東勤氏、元楽天監督の星野仙一氏、元大洋(現DeNA)投手の平松政次(まさじ)氏らが野球殿堂入りしました。
 平松投手の「カミソリシュート」、懐かしいですね。最近、シュートを投げるピッチャーをあまり見かけません。打者としては胸元をえぐられるシュート、とてもイヤです。社会人野球でもシュートの使い手が出てくると面白いですね。









posted by GM at 07:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

キッズ

 ホーネッツ・キッズの運営を担当している岡村氏と、ちょっとしたミーティングを行いました。冬期間も体育館で体力、運動能力向上のための活動を継続しています。まだ少人数ですが将来的にはもっと広げていきたいですね。
 また、小中学生の世代に適切な指導ができるチームの運営にも取り組んでみたいものです。先日、日本経済新聞に「子供を指導すべきは」という記事がありました。その記事によると、欧州では子供を教えるのは経験豊富なコーチの仕事であることが多いそうです。日本では年代が上の選手やチームの指導をする人の方が「偉い」と思っている人が多いのではないでしょうか。未熟で純粋な世代の指導には特有の難しさや大きな責任、そして使命があります。
 以前、このブログで書いたように子供の憧れの対象として、サッカー選手などと比べ、野球選手の評価が相対的に下落したのは、指導者による影響も少なくはないのでしょう。子供世代の指導者のレベルアップは急務です。

posted by GM at 09:25| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする